編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MFM

用語の解説

MFMとは

(エムエフエム,)
MFMとは、フロッピーディスクやハードディスクなどにデータを記録する信号変調方式の一種で、デジタル信号のが1の場合には磁気の極性を反転させ、0がひとつの場合には何もせず、0が連続する場合には連続する間で極性を反転させる方式のことである。
MFMはFM(Frequency Modulation)方式を改善した記録方式で、純粋に周波数を変調するFM方式に比べてより少ない信号に変換することが可能となり、高密度な記録を可能にした。 MFMは主にフロッピーディスクの記録方式などで採用されていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]