編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

MIDI検定

用語の解説

MIDI検定とは

(ミディケンテイ,MIDIライセンス,MIDI license,)
MIDI検定とは、MIDI規格の理解および活用スキルを問う認定制度の名称である。
社団法人音楽電子事業協会が主催している。 MIDI検定は、電子音楽のデファクトスタンダードとなっているMIDIについて、規格を理解し活用できる人材を育成することを目的として、1999年以来、毎年1回実施されている。 全国主要都市、約80会場で実施されており、毎年の受験者は約3千名にのぼるという。 試験ランクには4級、3級、2級がある。 2級は筆記試験と実技試験が行われ、音楽制作現場でMIDIに関する制作や監修に携わるレベルのスキルが問われる。 また、2級合格者には「認定4級指導者」の養成講座を受講する資格が与えられる。 認定4級指導者はMIDI検定4級講座を自分で開講することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]