編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XAMPP

用語の解説

XAMPPとは

(ザンプ,エグザンプ,)
XAMPPとは、Webアプリケーションのプラットフォームを構成する複数のオープンソースソフトウェア(OSS)を一括してダウンロード、インストールすることができるディストリビューションの名称である。
Apacheの普及促進を図る非営利団体Apache Friendsが無償で提供している。 XAMPPのパッケージの中には、WebサーバのApacheを中心として、データベースのMySQL、スクリプト言語のPHP、Perl、ライブラリのPEARなどのOSSが含まれている。 XAMPPをダウンロードしてインストーラを実行するだけで、パッケージに含まれるソフトウェアを一括してインストールすることができる。 また、各ソフトウェアにはあらかじめソフト間連携を前提とした設定がされているため、複雑なインストールや設定を行う必要がないというメリットもある。 インストールだけでなくアンインストールも簡単である。 2007年5月現在、XAMPPはLinux、Windows、Mac OS、Solarisの4つのOSに対応している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]