編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XML

用語の解説

XMLとは

(拡張可能マークアップ言語,エックスエムエル,)
XMLとは、W3C(World Wide Web Consortium)によって標準が規定されている、文書あるいはデータの構造を記述できる構造化文書の仕様のことである。
XMLはマークアップ言語の一種であり、HTMLのようにタグを用いて文章構造を定義する。 ユーザーがタグの定義と使い方を決めることができるメタ言語の性格を持っている点が大きな特徴となっている。 XMLで作成された文書はXML文書などと呼ばれる。 XML文書は、先頭にXML宣言と呼ばれる、XML標準のバージョンや、使用される文字デンコーディングを示す部分を持つ。 XML宣言に続く部分を、XMLインスタンスと呼び、文書データ本体の他、データ部分の書式を規定するルール、表示方法を規定するスタイルシートなどを含むことができる。 書式を表現するために用いられる言語はスキーマ言語と呼ばれ、DTD(Document Type Definition)とXML Schemaが用いられている。 またXMLのスタイルシートには、XSL(eXtensible Stylesheet Language)、およびCSS(Cascading Style Sheet)が用いられる。 XMLは、汎用のマークアップ言語として、多種多様な分野においてデータ交換のために利用されている。 異なる組織間で共通の書式でデータを交換するEDI(Electronic Data Interchange)用に業界ごとの様々な書式が規定されている。 たとえば金融の分野ではXBRL(eXtensible Business Reporting Language)の例を挙げることができる。 XBRLは電子政府のシステムでも活用されており、国税の電子申告・電子納付などで用いられている。 機能モジュールごとのデータ交換をXML文書によって行う仕組みとしてはSOAPがあり、SOAPを用いると、モジュール間の結びつきを疎結合にして、より柔軟なシステムを構築することができる。 その他、ベクタデータをWebブラウザで表示するためのデータ表現形式であるSVG(Scalable Vector Graphics)、Microsoftが開発した描画用言語のXAML、2007 Microsoft Office systemで初めて導入されたMicrosoft Office向けの文書フォーマットであるOOXML(Office Open XML)など、XMLの応用事例は枚挙にいとまがない。 XMLで定義されたデータを扱うデータベースは、XMLデータベースと呼ばれる。 XMLのような汎用マークアップ言語の標準としては、XMLに先立ち、SGML(Standard Generalized Markup Language)が登場していた。 SGMLの仕様は非常に大きかったためにWebでの利用には適さず、普及することがなかった。 SGMLを母体としてHTMLが考案されたが、HTMLは逆にWebのページ記述に特化していたため、汎用性に欠いており、多種多様な分野におけるデータ交換などの目的には対応できなかった。 XMLは、そのような事情を背景に持ちながら、コンパクトでありながら、より汎用的な利用に適した仕様として策定された、正式版は1998年に初めて登場している。 2002年には、HTML、XML、CSSを使ってHTMLの仕様を再定義したXHTML 1.0が発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]