編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

microBTX

用語の解説

microBTXとは

(マイクロビーティーエックス,マイクロBTX,)
microBTXとは、Intel社が2003年に発表したPC/AT互換機用のマザーボード仕様であるBTXを小型化した仕様の一つである。
通常のBTX仕様のマザーボードの基板サイズが325.12mm×266.7mmであるのに対して、microBTXでは264.16mm×266.7mmと横幅が縮小されている。 最大スロット数はBTX仕様の7に比べて最大4までに制限されている。 BTXやmicroBTXなどの仕様が登場する以前は、Intelが1995年に発表したATX(Advanced Technology Extended)仕様が広く採用されていた。 ATXに対してBTXは特に発熱対策が意識された仕様となっており、「サーマルモジュール」と呼ばれる放熱機構を取り入れることによって各部品を外気で効率的に冷却できるようになっている。 BTXやmicroBTXの他に、picoBTXと呼ばれるマザーボード規格も発表されており、こちらは幅が203.20mm(長さは同じ)、最大スロット数は1とさらに小型化されている。 microBTXもpicoBTXも通常仕様のBTXと同時に発表されており、当初からマザーボードのスケーラビリティが柔軟に選択できるようになっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]