編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Magicアプリケーションの最適化・解析・ドキュメント作成支援ツール「Magic Optimizer」

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 

2009-07-17

ビジネスアプリケーション開発フレームワーク、「Magic uniPaaS」で開発されたアプリケーションの開発・運用を支援する解析・ドキュメンテーションツール。アプリケーション開発・運用品質の向上に加えて、リッチクライアントへの移行評価やドキュメンテーションに際して、期間工数の大幅削減に寄与します。

製品概要

■主要機能
 プログラムの診断・分析
  ・未使用オブジェクト、潜在的なエラー要因の洗い出し
  ・各オブジェクトやその属性からの多面的な分析と遡及
    - クロスリファレンス(モデル、テーブル、プログラム、コンポーネント、イベント、権限など)
    - プログラム毎にトランザクションモード・ロック方式など特性の巡覧
    - 検索結果のオブジェクトから、そのオブジェクトのリファレンスへのジャンプ
  ・オンラインアプリケーションのリッチクライアント化ギャップ分析

 ドキュメンテーション
  ・ドキュメント自動生成と、Excel/Visio準拠ファイル形式への出力
    -オブジェクト仕様書
    -オブジェクト関連図(マトリクスレポート)
    -テーブルリレーション図
    -プログラムの構成図
  ・アプリケーションのテキストフレーズから辞書を作成・編集

特徴

■活用効果
 アプリケーション品質向上と、品質作り込み工数の削減
   オブジェクト重複・プログラム不具合・ユーザーインタフェース不揃いなどの確認時間を大幅に短縮し、   プログラミング工程での品質の作り込みと工数削減に寄与します。

 プログラム評価による移行リスク低減
   従来バージョンからのマイグレーション時、また、 オンラインアプリケーションのuniPaaSリッチクライ   アント化を検討する際、移行工数の適切な評価をおこなえます。

 ドキュメンテーション省力化と、メンテナンス品質向上
   ドキュメント作成の工数を劇的に削減できます。また、信頼性が高くアップデートされた仕様書に基づ   くことで、メンテナンス品質の向上も期待できます。

クライアント側OS:
Windows
詳細:Windows XP pro / Vista

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]