メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」

NTTテクノクロス株式会社  2009年08月14日

メールの誤送信防止と暗号化機能の両方を兼ね備えた製品です。 クライアント版及びサーバ版などお客様のシステム構成に合わせた導入が可能な製品です。 また、グループウェア対応も実現しており、様々な業種・業界、企業規模を問わず非常に多くのお客様で利用されている製品です。(ソースポッド社などの市場調査会社では、メール誤送信防止市場でNo.1に位置づけられております)

製品概要

電子メールの誤送信防止と暗号化の両方の機能を備えた製品です。

誤送信防止機能は、メール送信前に安全性の総合評価(特許出願中)により、送り先の間違いを未然に防止します。
本機能は、メール送信時にメールの安全性評価を行い、添付ファイルの確認や、メール本文の重要キーワードを検索しポップアップ画面で表示します。
二重、三重のチェックでメール誤送信を防止します。

また、相手にメール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」をインストールしなくてもパスワードで暗号化してメールを送付することが可能です。

また、メールの誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail(サイファークラフト/メール)」は、今までお使いのメールソフト(環境)を変えることなくメールの誤送信防止と暗号化を同時に実現したメールの誤送信防止ソフトウェアです。

メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」はすでに多くの企業、官公庁に採用されています。

誤送信防止機能により誤送信による情報漏洩を防止します。

また、メール本文と添付ファイルを暗号化しているため、不正手段により盗聴された場合でも解読が困難です。添付ファイルのみを暗号化することも可能です。

自社開発製品のためお客様の利用環境や仕様にあわせたカスタマイズが可能でシステム導入から保守・運用サポートまで万全のサポート体制が整っております。

?誤送信防止機能
?強固なセキュリティ
?純国産暗号「Camellia(カメリア)」を利用
?2種類の暗号送信が可能
?選べる2種類の暗号対象
?自動的に添付ファイルをZipパスワード化簡単
?ウィルス対策ソフト、検閲機能との併用
?簡単、手間要らず
?柔軟なシステム構成
?現在使用している環境をそのまま使用可能
?ポリシー強制機能
など多彩な機能を搭載した製品構成となっております。

特徴

誤送信防止機能

・ メール送信の際、メールの送信内容を表示させ再確認させることでうっかりミスの誤送信を防止します。

・ 特定の送信メールに対し、自動的に特定のアドレスを宛先(BccまたはCc)として加え送信することにより、上長などの第三者がメール内容を査読することが可能です。

・ 送信メールを定められた時間が経過するまで宛先への送信を一時保留します。一時保留されている間、送信者はメールの誤りに気づいた場合送信を中止することが可能です。

・ 上長などの第三者がメール内容を確認後、メールを送信することが可能です。


メール評価機能(特許出願中)

・ 事前に設定したキーワードや添付ファイル、宛先、送信履歴などを判定しメール全体の安全性を評価します。


強固なセキュリティメールの暗号化には、NTT研究所と三菱電機株式会社が共同開発した暗号アルゴリズム「Camellia」を利用することにより強固なセキュリティをご提供します。

純国産暗号「Camellia(カメリア)」を利用メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」は、IETF(Internet Engineering Task Force)公式標準暗号の一つとして承認され、ISO/IEC国際標準暗号規格に採用、国内唯一、EUで認められた純国産の暗号技術「Camellia」を利用しています。

2種類の暗号送信が可能公開鍵暗号方式
メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」は、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の2種類の暗号化方式を併用し、「公開鍵の安全性」と「共通鍵の高速処理」の両方の特徴を生かし高速でセキュアなメール暗号化を実現します。

パスワード暗号方式
メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」は、パスワードにより「メール本文+添付ファイル」または「添付ファイル」を暗号化して送信することが可能です。
暗号化したメール送信後、送信先にパスワード通知メールを自動的に送付することも可能です。


選べる2種類の暗号対象暗号化する対象を「メール本文+添付ファイル」または「添付ファイル」から宛先ごとに選択可能です。

自動的に添付ファイルをZipパスワード化自動的に添付ファイルをZipパスワード化
メール本文と添付ファイルを暗号化するのではなく、添付ファイルのみをZipパスワード化することもが可能です。毎回添付ファイルにパスワードを設定していた手間が省けます。パスワードは手動で設定することも可能です。

ウィルス対策ソフト、検閲機能との併用ウィルス対策ソフトとの併用可能
「CipherCraft/Mail」は、プロキシ型ですので、サーバ型・クライアント型のウィルスソフトとの併用が可能です。

検閲機能との併用
「CipherCraft/Mail」のサーバタイプを利用することで、メール検閲機能やメールの上司承認機能などとの併用が可能です。


簡単、手間要らず当製品は、プロキシ方式型(特許申請中)のため現在使用しているメールソフトはそのままでメールの暗号化を実現し、電子メールによる重要情報のやり取りを安全・安心に行えます。また、暗号メールを受信する際には当製品が自動的に復号するため、ユーザが暗号メールを意識する必要がありません。

柔軟なシステム構成クライアントタイプとサーバタイプとの組み合わせで多様な導入形態を実現
メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」は、クライアントPCにインストールする「クライアントタイプ」と、プロキシ・サーバーとして動作させる「サーバータイプ」が存在します。 クライアント/サーバタイプを組み合わせて使うなど、お客様のシステムへ柔軟に適用できます。

現在使用している環境をそのまま使用可能メールソフト、メールサーバに依存しない
メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」は、プロキシ方式を採用しているので、既存環境に手を入れず、メールサーバとメールソフトの間に置いていただくだけで、メールの暗号化、復号が行えます。


ポリシー強制機能ポリシー強制機能
メール誤送信防止ソフト「CipherCraft/Mail」で利用する設定ファイルを企業ごとに細かく設定することが可能で、ポリシーを個別に変更出来なくすることが可能です。

クライアント側OS:
Windows
WindowsVista SP1、 WindowsXP SP3、 Windows2000 SP4

サーバ側OS:
Linux
RedHat Enterprise Linux 4/5

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]