編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

社内業務ソフトもらくらく支援「RemoteCall」

RSUPPORT株式会社 

2015-11-17

RemoteCall(リモートコール)は、お客様のパソコンに接続して遠隔でトラブルを診断したりリアルタイムで解決することができるPC遠隔サポ-トソリューションです。遠隔サポートを要請したユーザーは、接続ページでピンコードを入力するか、アイコンをワンクリックするだけで簡単にサポートを受けることができます。RemoteCallは顧客サポートだけでなく、社内のパソコンメンテナンスなどにも活用することができます。

製品概要

みなさんは、会社に新しいシステムが導入された際にはどのように対応していますか?

慣れないシステムに新入社員はもちろん、他にも戸惑ってしまう社員が多いのではないでしょうか?マニュアルを配布して説明をしようにも、口頭では難しいと思います。

また、導入したシステムへの問い合わせが多すぎて、対応が追いつかず、本来の業務に支障が出てしまうこともあるでしょう。そんなとき、RemoteCallがあれば、一度で解決することが出来ます。


遠く離れた場所にある相手のPCに接続し、遠隔操作サポートが可能なRemoteCallは、直感的で洗練されたUIと使いやすさを最優先とした簡潔なメニューで構成されており、誰でも簡単かつ快適に使用出来る、リモートサポートツールです。

さらに、ウェブメッセンジャースタイルで親しみやすいUIを提供するRemoteCallは、 アールサポート接続プログラムを別途開発し、特許として認められた「Web及びアイコンを利用した遠隔制御システム」を提供しています。遠隔サポートを要請するユーザーと遠隔サポート担当者が、簡単にコミュニケーション出来るようなサポートを展開しています。

特徴

遠隔サポート中にテキストチャットや音声チャットを同時に行えるだけでなく、使用可能な特殊キーを利用して、迅速なサポート速度で簡単にファイルを転送することが出来ます。
また、便利なお気に入り機能でURL、ファイル、よく使用するメッセージ等を予め登録しておくことで、サポートにかかる時間と手間を大幅に削減出来ます。

インターネットとPCさえあればRemoteCallの遠隔サポートが可能なので、地方にある支店や海外支社とも簡単にスムーズな遠隔サポートが行えます。

さらに、遠隔サポート中に録画も出来るので、後からその動画を見ながら社内教育用としても使えます。


RemoteCallを使用する前は、新しいシステムが導入されても、お問い合わせの数が多く実際に新しいシステムを使いこなせるのに長い時間がかかっていました。本来の業務にも支障が出てしまい、業務効率も悪くなっていました。

ですが、このRemoteCallの遠隔サポートを使うことで、口頭では難しい説明も画面を見ながら、実際に同じように動作をすることで、一目で使い方をマスターすることが出来ます。

わからないことがあればいつでも、RemoteCallの遠隔サポートを利用すればすぐに解決出来るので、新しいシステムの導入のお問い合わせ対応にも慌てることはありません。もし、他のシステムが導入されたとしてもRemoteCallさえあれば、何の心配もいりません。録画機能を使い、動画マニュアルを予め作っておけば新人教育としても使えます。


また、日本だけでなく、欧米、韓国、中国などの世界各地で中継サーバーを運営しているので、安定したグローバルサポートを行うことが出来るため、地方の支店や海外支社から導入システムについてのお問い合わせがあってもスムーズに対応することが出来ます。

導入システムの利用率が上がり、業務効率もぐんとアップします。社員満足度も上がり、RemoteCallを使えば良いこと尽くしです。

まだ会社にRemoteCallが導入されていない場合は、14日間の無料トライアルもあるので、RemoteCallの高品質機能を直接体験してみてください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]