編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

BCP対策に最適!電源管理ツールの「RemoteWOL」

RSUPPORT株式会社 

2016-01-11

RemoteWOLとは、PCやサーバーの電源を時間や場所に関係なくいつでも起動させることができる、電源管理製品です。

製品概要

みなさんは、大雪や地震発生時に会社まで出向けないとき、どんな対応を行っていますか?
大雪で電車が運行中止になり全面通行止めとなってしまう、なんてこともあると思います。そんなときに、次の日までに取引先に渡さなければならない書類があった場合、どうすることも出来ずに困り果ててしまいます。

そんなとき電源管理ツールの「RemoteWOL」さえあればそんな問題も解決します。

特徴

■ RemoteWOLはここがすごい

RemoteWOLがあると、必要なときだけPCの電源を遠隔でONにすることが出来るので、不必要な電力消費を防ぐことが出来ます。また、PCだけでなく、モバイル端末からも電源管理することができるので、スマートワーク環境を構築することが出来ます。一番の醍醐味はRemoteWOLを使って遠隔地PCの電源を起動した後、RemoteViewによる遠隔操作で遠隔地PCを効率的に統合管理することが出来るということです。


■ RemoteWOLで大雪の心配なし

RemoteWOLさえあればもう、大雪で電車が止まったり車が動かなくなったりしても心配ありません。次の日までに提出しなければならない書類も、RemoteWOLでパソコンの電源を起動しRemoteViewで遠隔操作を行い取引先に提出期日を守って提出することが出来ます。
取引先との約束もしっかり守り、RemoteWOLでBCP対策もバッチリです。悪天候のせいで業務に支障をきたすことがないため、取引先との信頼関係も築くことが出来ます。

急な業務要請にも迅速に対応でき、会社や取引先で評判が良くなること間違いありません。

RemoteWOLとRemoteViewの相乗効果で会社員の強い味方になります。みなさんもぜひお使いください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]