編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レンタカー会社や自動車整備会社で大活躍のサポートツール

RSUPPORT株式会社 

2016-02-29

RemoteCall VisualPack(リモートコール ビジュアルパック)は、お客様がスマートフォンのカメラで撮影している映像をオペレータと共有することで、自動車の整備など、不具合が発生した場合にお客様のモバイル端末を通して見える映像をオペレータが遠隔で直接確認し、不具合を判断することができる、現場サポートツールです。

製品概要

レンタカー業者や自動車整備会社が行う業務の中で、一番頭を悩ませるのは事故車の修理期間が長くかかることではないでしょうか?
見積もりのためにレンタカー事業チームが直接破損状態を確認し、加害者との見積もりの交渉をするなど・・・修理に取り掛かるまでの手順がとても多くなります。
そのため、レンタカー業者の特性上、事故によって整備所にはいつも修理をする車両で溢れかえり、すぐにでも対応しなければならないのに、平均一週間以上の修理期間が必要になり、他の会社にお客様が流れてしまうことも少なくありません。

ですが、RemoteCall VisualPack(リモートコール ビジュアルパック)を利用すれば、これまで長くかかっていた修理期間を短縮することが出来ます。



■現場サポートの強い味方「RemoteCall VisualPack」

RemoteCall VisualPackとは、現場サポートを行う際に大活躍する、リモートサポートツールのことです。

お客様がスマートフォンのカメラで撮影している映像をオペレータと共有することで、不具合が発生した場合に、お客様のモバイル端末を通して見える映像をオペレータが遠隔で直接確認し、不具合を判断することが出来ます。
共有するパソコン画面やモバイル端末が無くても、カメラが搭載されたスマホさえあれば、お客様をいつでもどこでもサポートすることが可能です。
また、アフターサービスにかかる事前準備時間を短縮し、出動回数を減らしてトラブル処理の費用を削減することも出来ます。

特徴

■「RemoteCall VisualPack」にしかないサービス

RemoteCall VisualPackは、最小限の画面変化データのみ処理を行ってデータ量を抑えているため、快適な画面共有が可能です。
さらに、遠隔サポートを要請したユーザーは、アプリを無料インストール後、モバイル端末画面に生成されたアイコンをタップするだけで、サポート担当者によるリモートサポートを受けることが出来るので、簡単にリモートコントロールを開始でき、難しい使用説明が必要ありません。



■現場サポートはこれで完璧

RemoteCall VisualPackを使って整備所で事故車両をリモートですぐに確認する方式を使えば、今まで3~4日かかっていた車両確認が一日で終わります。

修理期間までの長い手順を省いたり短縮できたりするので、平均一週間かかっていた修理期間が短くなり、事故車両で溢れかえっても、迅速な対応が可能です。
お客様も、こんなに迅速な対応をしてくれるなら次も利用しよう!と思え、顧客満足度も上がります。

他のレンタカー会社には出来ない、早い修理期間を確保すれば、車両出庫が速くなり、より多くの車を修理することが出来るようになるので、売上の相乗効果まで期待できます。


セキュリティ面でも安心できるRemoteCall VisualPack。使い方も簡単なので、誰でも簡単にいつでもどこでも、現場サポートが可能です。


みなさんも、RemoteCall VisualPackで他のレンタカー会社との競争力をアップして顧客満足、高い売り上げを目指しましょう。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]