編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

標的型メール攻撃対策「Proofpoint」

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 

2019-07-31

サンドボックスによるマルウェア解析、メール内URLの解析、ビジネスメール詐欺対策等の多層防御が可能

製品概要

標的型攻撃のほとんどは標的型メール攻撃であるといわれています。マルウェアをメールに添付して実行させたり、メールの本文に記載しているURLからマルウェアを実行させる以外にも、メール版の振り込め詐欺とも言えるビジネスメール詐欺(BEC)が流行しており、日本でも被害が発生しています。
メールによる攻撃手法は年々多様化、また巧妙化しており、メールを介した脅威は増すばかりです。

Proofpoint SaaSは、メールセキュリティ専業企業であるProofpoint社のクラウド型メールセキュリティソリューションです。世界中で発生した攻撃のデータをリアルタイムに収集し、なりすましメール、標的型攻撃メールを非常に高い精度でフィルタリングします。
また、ワールドワイドで利用されており、添付ファイルベースの攻撃の99%を阻止し、毎日6億件以上の電子メールで高度な脅威とコンプライアンスのリスクを検出しブロックしています。

クラウド型のため、世界中で発生した標的型攻撃について、迅速に展開、適応、更新が可能で、最新の脅威に対抗しています。また、サンドボックス機能やURLディフェンス機能で、未知のマルウェアにも対応しています。

フォーチュン100の半分以上、上位5つの銀行、世界のトップ10の小売業者のうち7社、世界のトップ10の製薬企業のうち5社、上位15の研究大学のうち14大学に導入されている等、実績が豊富なソリューションです。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]