PCI 3DS準拠支援コンサルティング/審査

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 

2023-01-01

PCI 3DS準拠のためのコンサルティングから訪問審査までをワンストップで支援

製品概要

インターネット上で行われる非対面取引では、クレジットカードによる決済の利便性が高いと言われる反面、不正使用のリスクが潜んでいます。カード情報不正使用防止の対策方法のひとつである本人認証にはいくつかの手法があり、「3Dセキュア」もそのひとつです。

クレジット取引セキュリティ対策協議会が策定する「実行計画」における対策の3本柱のひとつに「ECにおける不正使用対策」があげられ、ネットでなりすましをさせないための「多面的・重層的な不正使用対策の導入」がうたわれています。また、「実行計画」には、検討事項として具体的に本人認証の強化策となる「3Dセキュア2.0への移行・導入」も含まれています。

2017年末、3Dセキュアサービスを提供する事業体(プロバイダ)が準拠すべきセキュリティ基準「PCI 3DS」がリリースされました。NRIセキュアは、国内最初の3DS Assessorとして、2018年2月からPCI 3DS準拠に向けた各種支援サービスを提供しています。PCI 3DSで規定される各セキュリティ要件に対し、審査資格である3DS Assessorを保有する専門審査員が、現状とのギャップ分析や効果的な対策案の提示、訪問審査までをワンストップでサポートします。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]