バーンダウンチャートとは?

イテレーション単位でプロジェクトの時間と残り作業量をグラフ化したもので、開発プロジェクトでよく用いられる。プロジェクトのバックログまたは作業時間を縦軸に取り、時間を横軸に取る。バーンダウンチャートは、プロジェクトまたはイテレーションでどれだけの作業を完了する必要があるかを判断するのに使われることが多い。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  5. 5 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  8. 8 脆弱性(ぜいじゃくせい)

    IT用語としては、コンピュータやネットワークに存在するセキュリティ上の弱点を指すことが多い。ソフトウェアのバグや、開発時に想定されていなかっ...(続きを読む)

  9. 9 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  10. 10 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

注目のキーワード

ロードバランシング
複数運用されているマシンの間での負荷が分散するように処理を分けて割り当てること。これにより、1つの...
続きを読む
仮想プライベートクラウド(Virtual Private Cloud:VPC)
共有型のクラウド、すなわちパブリッククラウド内に作られたプライベートクラウドのこと。一例として「A...
続きを読む
バーンダウンチャート
イテレーション単位でプロジェクトの時間と残り作業量をグラフ化した...
続きを読む
データマイニング
データの有意義なパターンや関係性を見つけ出すために、データを「採掘」(マイニング)、つまり調査す...
続きを読む
人工知能(AI)
「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR