バーンダウンチャートとは?

イテレーション単位でプロジェクトの時間と残り作業量をグラフ化したもので、開発プロジェクトでよく用いられる。プロジェクトのバックログまたは作業時間を縦軸に取り、時間を横軸に取る。バーンダウンチャートは、プロジェクトまたはイテレーションでどれだけの作業を完了する必要があるかを判断するのに使われることが多い。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  4. 4 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  5. 5 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトの年次開発者向けカンファレンス。3回目として、2016年5月24日と25日の2日間にわたり開催された「de:code 20...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 Windows 10

    Microsoftが提供するOS「Windows」シリーズの最新版。2014年9月に発表し、2015年7月29日にリリースされた。
    (続きを読む)

注目のキーワード

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)
企業や組織が間接部門をはじめとした自社の特定の業務プロセスを外部の企業に委託すること。コア事業に...
続きを読む
農業IoT
IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを...
続きを読む
プロジェクトフェーズ
プロジェクトの作業を論理的に大きくグループ化したものだ。フェーズは主要な成果物や関連する一連の成...
続きを読む
Cortana Analytics Suite
Microsoftが提供するサービス。Azure Data Lake、SQL Data Warehouse、Azure Machine Learning、HDInsig...
続きを読む
Microsoft Office
マイクロソフトはOfficeをクラウドで利用できるようにする「Office 365」に注力している。業績を支える...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?