ホワイトペーパー

20億件のデータを「10,000倍速」で処理するデータベースの正体とは

SAPジャパン株式会社 2013年12月10日

従来のリレーショナルデータベースでは数分かかっていた何億件もの膨大なデータ処理を、インメモリーコンピューティング「SAP HANA」なら数秒というスピードで可能になりました。

大量データの収集/分析が超リアルタイムで実現することで、単なる業務効率化やスピードアップを超えた、新たなビジネススタイルや業務プロセスを生むことができます。

インメモリーコンピューティング技術がなぜそんなに早いのか、数分で分かりやすくご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)