ホワイトペーパー

UTMでネットワークを保護--ソフォスの統合脅威管理が今選ばれる理由とは

ネクスト・イット株式会社 2013年04月01日

在宅勤務やテレワーク、BYODのニーズを満たすため、ネットワークアーキテクチャの革新が続いています。またクラウド、モバイルデバイス、仮想化環境を活用する新世代のモバイルワーカーに対応するため、ネットワークの境界は拡大する一方です。

そのため、ネットワークゲートウェイ経由でユーザーを認証するだけでは、ネットワークを十分に保護することは困難になってきています。

これまで各企業はファイアウォールやVPN、侵入防御、アンチウイルスなどの主要なセキュリティ機能を管理しやすい単一の統合ソリューションとして統合型脅威管理 (UTM) を導入し、セキュリティの構築を重ねてきましたが、既存のUTMでは、エンドポイントやモバイルデバイスなどの新たなワークスタイルへの対応が難しくなっています。

本ホワイトペーパーでは、統合型のUTMソリューションを活用し、あらゆるユーザーの接続場所や接続方法に対応しながら、ネットワーク、データ、およびエンドポイントを保護するソフォスUTMを紹介します。詳しくはダウンロードしてご覧ください。

※2013年5月31日(金)までにダウンロード頂いた方から抽選で20名様にQUOカード(500円分)をネクスト・イット株式会社より進呈いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]