編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

常に最新のストレージ環境を維持、IDC推奨の「オールフラッシュストレージ」の賢い運用術

Pure Storage 2020-10-30

企業を取り巻く環境が激しく変化し、これまで以上にビジネスの俊敏性が求められている。その根幹を支えるITシステムも同様、急激な変化へ迅速に対応できる必要がある。特にデジタル化が進むことで増加するデータの保管・管理を担うストレージ基盤には、より高度な要件が求められている。

実際、成功企業ではビジネスを成長させる新しいワークロードが追加された際のストレージの性能と容量への要求も増大している。しかし、典型的な従来型のストレージでは、拡張性や柔軟性に乏しく頻繁なアップグレードが難しい。また、古い基盤を運用し続けると消費電力や保守コストなどで大きな負担を強いることになる。

こうした負のストレージ運用サイクルを脱却するには、どうすればいいのか?以下の資料では、普及が進んでいる「オールフラッシュストレージ」の導入・運用をより効率化するIDCの提言を紹介。同分野で多くのユーザーの支持を得ているストレージ基盤の特徴を詳細に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]