編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

AWSアカウント発行時に必要なセキュリティ対策を速やかに実装できる「セキュリティプリセット」とは

TIS株式会社(AWS) 2020-12-03

AWSのセキュリティは、AWSと利用者との「責任共有モデル」によって明確に分離される。利用者は自身がプロビジョニングしたAWSアカウントのセキュリティを守る義務があり、AWSアカウントの発行時には、速やかにセキュリティ対策を施さなければならない。だが、そうした対策を実施することは多大な時間と手間がかかる。そこでTISでは、FISCやPCI DSSなど各種セキュリティ基準に準拠し、タイムロスなくAWSのセキュリティ対策を実施するサービス「セキュリティプリセット」を提供している。

本資料では、セキュリティプリセットで提供される主要な8対策を紹介しながら、AWS利用で求められるセキュリティ対策のポイントを解説している。AWSでセキュリティ対策を徹底することは想像以上に難しい。ぜひ本資料をお役立ていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]