編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

株式会社スリーシェイク 2022-06-20

DXがブームとなり、多くの企業が自社内のデータ活用や分析を始めた。中でも社内データを集積するデータ基盤としてデータレイクやBIツールを導入し、データを統合、可視化する動きが強まっている。だが、あらゆるデータを基盤に移そうとして沼化を招く、ダッシュボードの構築だけで満足し誰も見ない、など失敗しているのが実態だ。重要なのは事業の成長を前提にすることだ。
この資料では、クラウドETL(抽出、変換、書き出し)サービス「Reckoner」を提供するスリーシェイクが、データの民主化を見据えたデータ基盤の構築、管理の最適解を示す。実現への3要素に触れ、ノーコードなどの特徴を持つReckoner導入によって、データ連携作業の工数を大幅に削減できると説明。Google Cloud、AWS、Azure間のデータパイプラインを構築し、マルチクラウドを実現するなどの事例を交えて、分かりやすく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]