ホワイトペーパー

改正電帳法対応3つのポイント--あらゆる文書を電子化しペーパーレスを促進!そのメリット

ウイングアーク1st株式会社 2023-01-19

2022年1月に改正された電子帳簿保存法(電帳法)。これにより従来は、原則書面で保存するとされてきた書類の保存要件が緩和され、電子データでの保存できるようになった。さらに電子取引情報に関しては、電子データ保存が義務化されビジネス文書の電子化を推進するものとなっている。今回の改正により企業にとっては、原紙保管コストの低減が、内部統制強化などさまざまなメリットがみこめる。中にはこれをDXの好機ととらえペーパーレス化へと舵をきる企業もある。しかし、その一方で、どのように対応を進めて良いか悩んでいる企業もおおいだろう。そうした企業担当者のために、本資料では電帳法改正のポイントと整理、解説すると共に、企業にあたえるメリットや、実際に対応するために、どういった投資が必要となるかについて紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    風向きが変わった「Microsoft 365」のデータ保護戦略、最適なバックアップ対策の進め方

  2. セキュリティ

    2023年のサイバー脅威予測!注目すべき新たな攻撃トレンド「CaaS」という恐るべきビジネスモデル

  3. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  4. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  5. 経営

    「脱PPAP」で三井ホームが導入、先進機能が統合されたメールセキュリティ対策とは

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]