編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

【アンケート結果】1000人に聞きました!バックアップに関する実態調査レポート

ZDNet Japan Ad Special

2011-02-15 11:00

[PR]企業が扱うデータ量が膨大になり、その重要性が高まるにつれ、ビジネス継続性の面からバックアップの重要度が増している。では、実際に企業ではどのような方法でバックアップを行い、どのような課題を抱えているのだろうか? そうしたことがわかるアンケート結果が、株式会社ラネクシーから公開された。

今回の「バックアップに関する実態調査」は、株式会社ラネクシーが2010年12月13日~2011年1月13日までZDNet Japan(朝日インタラクティブ)上で行ったもので、回答者数は1082名。

現在行っているバックアップ方法についての設問では、既にバックアップ製品を導入済み・導入を検討している企業(回答者数868)のうち、19.1%の企業がフルバックアップのみ、69.2%の企業がフルバックと差分・増分バックを組み合わせていると回答。さらに、7.4%の企業が近年注目されているCDP(継続的データ保護)と回答している。

また、「重要視する機能」に関する設問では、下図のように、ライブバックアップ機能(50.4%)、重複排除(40.1%)、簡単リストア機能(38.1%)となっており、これに、仮想環境でのバックアップ機能27.5%、データ世代管理機能24.4%、CDP(継続的データ保護)23.4%と続く。CDP(継続的データ保護)は、前述のバックアップ方法に関する設問では7.4%だったが、今後は必要とされる機能であると考えている企業が1/4近くにのぼることがわかる。

重要視する機能

そのほか、以下の設問に関する興味深い回答が示され、バックアップの現状と今後のあるべき姿が示されている。

  • バックアップの頻度(1):フルバックアップの頻度
  • バックアップの頻度(2):差分・増分バックアップの頻度
  • リカバリポイント(1):障害が発生した場合、過去のいつの時点のデータが復旧できれば、業務に支障をきたさないか
  • リカバリポイント(2):リカバリポイントを、現在よりも短く設定しようとする場合、支障になるものは何か
  • 導入にあたって重視するポイント:バックアップ/リカバリ製品の導入に際して、機能・性能以外で重視するポイントは何か

今後バックアップ/リカバリー製品の見直しや新規導入を検討する人にとって、参考になる資料となるはずだ。

調査レポートの詳細はファイルをダウンロードしてご覧ください。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]