MDDからEMMへ、モバイル活用の拡大を支えるAirWatch--ヴイエムウェア講演より

ZDNet Japan Ad Special 2015年07月15日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[PR]朝日インタラクティブ主催のセミナーより。企業がモバイル活用で成功するには、どのような点に留意すればいいのか?ヴイエムウェアのAirWatch セールスエンジニアである田辺氏が講演した。(6/3/2015)

EMMツールで包括的なモバイル管理の実現を


ヴイエムウェア
田辺 茂也氏

 モバイルデバイスが業務の現場に導入されはじめたのはつい最近のことだが、その普及は急速に進み、今や企業ITに求められる重要な分野になりつつある。そうしたなか、これまでのモバイルデバイス管理は、紛失盗難時に遠隔で消去するリモートワイプに代表される事故対応が中心であったが、現在では、普段からモバイルを利活用するための仕組みとしての、エンタープライズモバイル管理(EMM)へと視野を拡げることが、モバイル導入成功のカギとなっている。

 こうした流れを受けて、ヴイエムウェアのAirWatch セールスエンジニア、田辺 茂也氏は、「AirWatch by VMwareとHorizonで始める、モバイルITの徹底活用法」というテーマでセッションを実施。デバイス管理から仮想デスクトップまでの包括的なソリューションについて、デモを交えて解説した。

 「AirWatch」は、一元化されたWebベースの直感的な管理コンソールで、すべてのデバイスを表示しつつ、シンプルかつ効率的に管理が行えるソリューションだ。日本語にも対応しているうえ、管理者と紐付けて言語を適用するといった機能も備えている。その大きな特徴は、25台から10万台までの端末を管理可能なスケーラビリティと、Android、Apple iOS、BlackBerry、Mac OS、各種Windows環境など、多様なデバイスを管理できるマルチテナント対応にある。

講演資料より引用 講演資料より引用
※クリックすると拡大画像が見られます

※クリックすると拡大画像が見られます

 「最新プラットフォームのリリース日には対応するというアップデートの迅速さも特徴の1つ。例えば、iOS 8の発表当日のうちに、新機能やバージョンによるグループ化に対応している」と田辺氏は説明した。

 モバイルデバイス管理(MDM)からEMMへと進展を果たしている企業・組織には、様々なユースケースが存在する。それは医療分野では個人情報へのセキュアなアクセスであり、リテール業界では汎用端末による店舗端末としての利用、教育分野は端末の共有利用による教材・アプリの配付・一括購入、そして航空業界ではマニュアルのペーパーレス化といった具合だ。

 ここで田辺氏は、多くの企業がモバイルデバイスを活用する際のよくあるケースとして、営業中の資料作成の依頼など、いくつかの場面を例示した。「重要な情報をいつでもどこでも安全なかたちで持ち歩きたいという場合には、まずどのようにすれば安全に持ち運べるのかを考えるようにしたい」

 例えば、プレゼン資料の作成は社内PCで行い、外出先の環境でそれを訂正し、資料を使った商談はタブレットで、といったように、適材適所でツールを使い分けるとともに、どのツールからでも同じドキュメントにアクセスできることが重要なのである。

 「どこからでも社内システムに安全にアクセスできるようにすることで、業務の効率化を図ることができる」と、語った田辺氏は、モバイルデバイスから社内のリソースにアクセスするなど、AirWatchを利用した各種ユースケースを会場に向けて実演して見せた。

 「このように、EMMツールで適切かつ包括的にモバイル環境を管理することで、いつでもどこでもユーザーが使えるような状態にもっていくのが大切だ」と田辺氏は訴える。

 セッションの後半では、AirWatchについてより突っ込んだ解説が行われた。AirWatchは、デバイス管理をベースにしつつ、その上でアプリケーション管理やコンテンツ管理、さらにはセキュアメールやセキュアブラウザまでを包含するソリューションとなる。アプリケーションのみ管理したい場合には、コンテナ管理機能も提供している。利用できるアプリケーションなど、機能制限をプライバシー設定に基づいて行えるため、BYODにも適している。さらに、企業のロケーションやビジネス組織、ユーザー・デバイスといった階層化した組織構造も定義可能であり、グローバル企業などで活用されている。

 「定義済みの役割と、きめ細やかなカスタマイズを組み合わせることで、様々なニーズに柔軟に対応することができる点を知っておいて欲しい」と田辺氏。

 AirWatchは主にSaaSでの提供となっているので、すぐに導入して運用することが可能だ。

 「アップデートも頻繁に行っているので、まずSaaSで使いはじめるのを推奨したい。目下、「Horizon」との連携も進めている」と語った田辺氏は、フリートライアルプログラムについて紹介。「ぜひ実際のデバイスとAirWatchで体感をしていただきたい」と呼びかけた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]