ターボリナックス、業界初の最長10年サポートを実現

サーバー、デスクトップ主力製品のプロダクトライフサイクルポリシーを発表

TLホールディングス株式会社 2006年04月11日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、同社が開発、販売するサーバーおよびデスクトップ製品のライフサイクルを、サーバー製品は業界初の最長10年、デスクトップ製品は最長7年とする新たなTurbolinuxプロダクトライフサイクルポリシーを定義したことを発表いたしました。

Turbolinux Server製品は、これまで39,800円という優れた価格性能比を保ちながら、ハイエンドな用途にも耐えうるエンタープライズ機能の実装や、5年間メンテナンス(※1)を同価格に含むことで、ミッドレンジ・エンタープライズ市場のニーズに合致し、数多くの実績を誇っています。
IDC Japanが発行するレポート(※2)では、2005年度の国内サーバーリナックスOS市場のディストリビューション別売上/出荷本数においてシェア第2位、店舗においては70%強のシェア(※3)で売上本数第1位を獲得するなど、その圧倒的なコストパフォーマンスからISPや公共機関をはじめ、各方面より好評を博しています。今回のTurbolinuxプロダクトライフサイクルポリシーに基づき、最新サーバー製品「Turbolinux 10 Server」のサポート期間は5年間延長し、2014年10月までとなります。

Turbolinux Desktop製品については、昨年11月に発売した「Turbolinux FUJI」(以下FUJI)が一般ユーザーのみならず、企業向けデスクトップ・リナックスという位置づけで市場展開している現状を踏まえ、出荷開始より7年間のメンテナンスを行います。これにより、FUJIのサポートは2012年11月まで継続して行うことになります。

Turbolinuxプロダクトライフサイクルポリシーは、国や自治体などの公共機関はもとより、一般企業などにおける長期サポートを望む声をいち早く実現させたものであり、数年来懸念事項であったハードルを一つ越えることで、リナックスの導入が俄然加速するものと期待しています。

※各製品のライフサイクル、サポート終了予定日など詳細は以下のURLをご覧下さい。
Turbolinuxプロダクトライフサイクルポリシー
(リンク »)

(※1)セキュリティおよびバグ修正のパッチ提供や無償/有償サポート
(※2)出典:IDC Japan, 1/2006 国内オペレーティングシステム市場2005年の分析と2006年~2010年の予測(J6070101)
(※3) BCNデータより自社集計:2005年度OS分野Linuxベンダー別サーバー売上


<報道関係者お問合せ>
ターボリナックス株式会社 マーケティング本部
TEL:03-5766-1660 press@turbolinux.co.jp

LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR