30%以上の高速化を実現!プログラム不正起動による社内データの流出防止など、セキュリティ機能も大幅に強化!ブロードバンドに最適化したリモート コントロール ソフト「LAPLINK 12 BB」を新発売!!

あらゆる接続形態に対応した上位バージョン「LAPLINK 12」も同時発売

株式会社インターコム 2005年11月29日

通信ソフトの開発メーカーである株式会社インターコム (〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5反町ビル、TEL:03-3839-6231、資本金:8,400万円、社長 高橋 啓介) はこのほど、離れた場所にあるパソコンを手元のパソコンで簡単に遠隔操作できるブロードバンド回線用に最適化した、Windowsパソコン向けのリモート コントロール ソフト『商品名:LAPLINK 12 BB(ラップリンク ジュウニ ビービー)』を2005年12月16日より全国一斉に販売開始いたします。また、インターネット、LAN/WAN、モデム/TA、ダイヤルアップ ネットワークなどあらゆる接続形態に対応した上位バージョンの『商品名:LAPLINK 12(ラップリンク ジュウニ)』も同時発売いたします。

平成17年度 情報通信白書(総務省 2005年6月発表)によりますと、平成16年度末におけるインターネット利用人口は7,948万人と推計されています。なかでも現在は光ファイバー、ADSLなどの高速ブロードバンド回線の利用が主流となっています。このような環境のもと、ソフトウェアやハードウェアのヘルプデスクやユーザーサポート業務の分野でも、従来の電話回線よりもコストがかからない高速なブロードバンド回線を利用したリモート サポート サービスが注目を集めています。また災害対策としてサーバー ルームを郊外に設置する企業が増加し、リモート操作による保守作業の需要も高まりを見せています。

今回発売する「LAPLINK 12 BB」は、送信パケットサイズの最適化と受信データのキャッシュ処理の向上によるビデオ パフォーマンスの強化を行い、従来比30 %以上の高速化※1を実現しました。さらに、サポートを受ける側のお客様へ安心を提供するための「プログラムの不正起動防止」や「通信データの256bit暗号化対応」※2など、セキュリティ面での大幅な機能強化を行っています。

従来、この種のリモート コントロール ソフトを用いてサポートを受ける際に、ヘルプデスク等のオペレーターに勝手に会計ソフトなど機密情報が入ったソフトを操作されたり、フォルダやファイルの内容を盗み見られたりするのではないかという不安が常につきまとっていました。同商品ではサポートを受ける側が自分のパソコン内の任意のソフトウェアを指定して、遠隔地からのリモート操作を制限できる「プログラムの不正起動防止」機能を搭載しました。本機能はリモート コントロール ソフトでは業界初※3の機能となります。同時に「フォルダへの不正アクセス」を禁止する機能も追加されました。また、リモート コントロール操作の履歴をログファイルに記録することにより、不正アクセスによるトラブル防止や社内情報流出への抑止、およびトラブル発生後の具体的検証等にも役立つ機能も搭載されました。さらに、従来よりも機密性の高い通信データの256bit暗号化への対応も行いました。今回このような高度なセキュリティ機能を備えたことにより、サポートを受ける側、サポートを行う側の両者間で高速かつ安全なリモート サービスを実施することが可能になりました。

「LAPLINK 12 BB」のブロードバンド接続は、より便利にインターネット接続ができるように、インターコムが提供するLAPLINK専用の接続サーバー(ディレクトリサーバー)経由で、サーバーに登録したユーザー任意の名前(接続名)を使って接続する方式を採用しています。従来のリモート コントロール ソフトをブロードバンド経由で使う場合の様に、難解なIPアドレスを入力する必要はありません。インターネット接続サービスを提供している多くのインターネットプロバイダでは一定期間で変化する動的IPアドレスをユーザーに割り振っていますが、その場合でもIPアドレスが変化するたびに調べて連絡してもらう手間がかかりません。
また、通常ブロードバンド経由の接続は、接続を受ける側にグローバルIPアドレスが必要になります。しかし相手が企業内ユーザーの場合、グローバルIPアドレスを持っていることは少なく、そのままの環境でリモート サポートを受けることは非常に困難でした。「LAPLINK 12 BB」の場合はサポートする側がグローバルIPアドレスを用意すれば、グローバルIPアドレスを持っていないパソコンにも接続可能になります。さらに、接続を受けるパソコンがファイアウォール内にある場合でも「LAPLINK 12 BB」なら専用サーバーを利用するので外部から内部への接続用ポートを開けずに安全に接続できます※4。この様に新しい「LAPLINK 12 BB」には、ブロードバンド接続でのあらゆる環境に安全かつ簡単に対応できるよう様々な新機能の追加や工夫がなされています。

その他にもリモートでの「OS 再起動」やプリンタ出力を相手側相互に設定できる「プリント リダイレクション」機能や「インターネット接続可能かどうかの自動診断」機能など、ユーザー サポートや遠隔地での無人PCのメンテナンスなど様々な現場で威力を発揮する機能を備えています。従来からのすべての回線に対応した「LAPLINK 12」に追加して、今バージョンからブロードバンドに最適化したインターネット接続専用の「LAPLINK 12 BB」を安価な価格で提供することにより、リモート コントロール市場でのシェア拡大をねらいます。
 
※1:当社従来商品「LAPLINK GOLD 11」との比較。ゲストカラー「256色」での計測。
※2:256bit暗号化はMicrosoft CryptoAPIを使用。Windows Server 2003/XP 間の通信のみ対応です。
※3:2005年11月現在、日本国内で販売されているリモート コントロール ソフトをインターコムが調査した結果です。
※4:接続を受ける側は“内部から外部”に対して、LAPLINK接続用のポートを開ける必要があります。パケット フィルタリングタイプのファイアウォールにのみ対応しています。

<機能一覧>
※【NEW】は本バージョンより新しく追加された機能、【UP】は前バージョンからアップした機能です。

■リモートコントロール機能
・ 高速リモート コントロール【UP】
・ プリント リダイレクション
・ ホスト再起動
・ ホスト画面保存
・ ボイス チャット/テキスト チャットで操作を簡単説明
・ 壁紙、スクリーン セーバーの解除などの高速化オプション
・ 相手側パソコンのシステム情報取得

■接続機能
・ サーバー経由で簡単接続
・ ファイアウォール環境対応
・ IPアドレス入力不要
・ 最近行った接続の自動記録/再接続
・ インターネット接続可能かどうかを自動診断
・ 相手側の接続形態や、セキュリティ環境までを記録した充実のアドレス帳
・ 接続のショートカット アイコンの作成
・ 起動時の自動接続操作の設定

■セキュリティ機能
・ 不正なプログラム起動、フォルダへのアクセスを制限【NEW】
・ 通信データの256bit暗号化対応【UP】
・ ユーザーごとにアクセス制限
・ 通信、操作ログ記録【UP】
・ ローカル パスワードの設定
・ パスワード違反者のロック
・ コールバック機能(LAPLINK 12 のみ)

■データ転送機能
・ 簡単データ転送
・ フォルダ同期(スマート エクスチェンジ)
・ データの自動コピー(エクスチェンジ エージェント)
・ スピードシンク(高速化機能)
・ Outlook Express/Internet Explorer のシンクロナイズ
・ エラー等で中断した箇所からデータ転送の再開

■その他
・ Windows ターミナル サービスとの共存対応【NEW】

商品概要/販売スケジュール

商品名:
LAPLINK 12 BB (ラップリンク ジュウニ ビービー)
LAPLINK 12   (ラップリンク ジュウニ)

価格 :
LAPLINK 12 BB 2ライセンス パック 13,800円(税込 14,490円)
LAPLINK 12 BB 1ライセンス パック 7,800円(税込 8,190円)
LAPLINK 12 BB 2ライセンス パック 特別優待版 11,000円(税込 11,550円)
LAPLINK 12 BB 1ライセンス ダウンロード版 6,500円(税込 6,825円)
LAPLINK 12 BB 1ライセンス ダウンロード版 ライセンスキーのみ 6,000円(税込 6,300円)

LAPLINK 12    2ライセンス パック 15,800円(税込 16,590円)
LAPLINK 12    1ライセンス パック 9,800円(税込 10,290円)
LAPLINK 12    5ライセンス パック 39,500円(税込 41,475円)
LAPLINK 12    2ライセンス パック 特別優待版 12,600円(税込 13,230円)
LAPLINK 12    1ライセンス ダウンロード版 8,000円(税込 8,400円)
LAPLINK 12    1ライセンス ダウンロード版 ライセンスキーのみ 7,500円(税込 7,875円)

販売開始日
2005年12月16日

<動作環境>
【LAPLINK 12 BB の動作環境】
■OS
日本語 Windows Server 2003, Standard Edition、Enterprise Edition / XP(SP1 以上) Professional、Home Edition / 2000(SP3 以上)Advanced Server、Server、Professional

■コンピュータ本体
DOS/V パソコン、PC98-NX シリーズ(NEC)
PentiumⅢ 800 MHz 以上を推奨します。

■メモリ
128MB 以上

■ネットワーク プロトコル
TCP/IP

■サウンド カード
ご使用になる OS 対応のサウンド カード
※ボイス チャットを全二重でご使用になる場合は、ローカル/リモート側とも全二重に対応したサウンド ドライバが必要です。
※全二重でのご使用を推奨します。

■プリンタ
ご使用になる OS 対応のプリンタ
※独自のスプール プログラムを使用するものや使用するポートを確認する一部のプリンタには対応しておりません。

■ディスプレイ ドライバ
ご使用になる OS 対応のディスプレイ ドライバ
※ミラー ドライバ方式採用によりディスプレイ ドライバの制限はありません。すべてのパソコンでご利用いただけます。

■LAPLINK シリーズとの互換性
LAPLINK 12 BB、LAPLINK 12 と通信が行えます。

■制限事項
本商品は弊社商品 PCsync および他の LAPLINK との共存は行えません。
マウス、キーボードが接続されている環境でないとご利用になれません。

■その他
ルーターに関する設定のサポートは行っておりません。ルーターメーカーにお問い合わせください。
バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)環境での接続はサポート対象外となります。ご使用になる前に体験版でお試しください。

【LAPLINK 12 の動作環境】
■OS
日本語 Windows Server 2003, Standard Edition、Enterprise Edition / XP(SP1 以上) Professional、Home Edition / 2000(SP3 以上)Advanced Server、Server、Professional / NT 4.0(SP6 以上)Server、Workstation / Me / 98 SE / 98

■コンピュータ本体
DOS/V パソコン、PC98-NX シリーズ(NEC)
Windows NT 4.0 / Me / 98 SE / 98 の場合は PentiumⅡ 400 MHz 以上
Windows Server 2003 / XP / 2000 の場合はPentiumⅢ 800 MHz 以上を推奨

■メモリ
Windows Me / 98 SE / 98 の場合は 64 MB 以上
Windows Server 2003 / XP / 2000 / NT 4.0 の場合は 128MB 以上

■ハードディスク
32MB 以上の空き容量

■ネットワーク プロトコル
TCP/IP、IPX

■モデム
ご使用になる OS 対応の非同期全二重モデム
※ローカル/リモート側とも同一メーカー、同一機種のモデムのご使用を推奨します。(モデムの相性により正常に通信を行えない場合があります。)
※動作確認済みモデムについては、弊社Webサイトでご確認ください。

■ターミナル アダプタ(TA)
ご使用になる OS 対応の非同期モードで動作するターミナル アダプタ(Bチャンネル回線交換)
※ダイヤルアップ ネットワーク接続時はターミナル アダプタの同期通信で接続できます。
※動作確認済みターミナル アダプタについては、弊社Webサイトでご確認ください。

■サウンドカード
ご使用になる OS 対応のサウンド カード
※ボイス チャットを全二重でご使用になる場合は、ローカル/リモート側とも全二重に対応したサウンド ドライバが必要です。
※全二重でのご使用を推奨します。
※モデム接続の場合、回線の品質により若干音声が途切れる場合があります。

■プリンタ
ご使用になる OS 対応のプリンタ
※独自のスプール プログラムを使用するものや使用するポートを確認する一部のプリンタには対応しておりません。

■ディスプレイ ドライバ
ご使用になる OS 対応のディスプレイ ドライバ
※Windows Server 2003 / XP / 2000 ではミラー ドライバ方式採用によりディスプレイ ドライバの制限はありません。すべてのパソコンでご利用いただけます。
※Windows NT 4.0 / 98 SE / Me / 98 では一部制限がありますので弊社Webサイトでご確認ください。

■LAPLINK シリーズとの互換性
LAPLINK 12 BB、LAPLINK 12、LAPLINK GOLD 11、LAPLINK GOLD 2002、LAPLINK 2000 Second Edition プラス、LAPLINK 2000 Second Edition、LAPLINK 2000 と通信が行えます。

■制限事項
本商品は弊社商品 PCsync および他の LAPLINK との共存は行えません。
マウス、キーボードが接続されている環境でないとご利用になれません。
※Windows NT 4.0 / Me / 98 SE / 98 では他社製リモート コントロール ソフトと LAPLINK 12 は共存できません。

■その他
ルーターに関する設定のサポートは行っておりません。ルーターメーカーにお問い合わせください。
バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)環境での接続はサポート対象外となります。ご使用になる前に体験版でお試しください。

<本商品に関する問い合わせ先>
(株)インターコム SMB事業部
TEL : (03)3839-6341
問い合わせフォーム : (リンク »)

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
(株)インターコム 広報宣伝担当 池田 雅志、鈴木 修
TEL : (03)3839-6775  E-mail : masashi@intercom.co.jp

商品情報ホームページ: (リンク »)

商品写真データ: (リンク »)

PDFカタログ : (リンク »)

※interCOMは、(株)インターコムの登録商標です。
※Microsoft、Windows、Windows NT、およびOutlookは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

LAPLINK 12 BB パッケージ画像

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インターコムの関連情報

株式会社インターコム

株式会社インターコムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!