日本ネットワーク・アプライアンス株式会社、 HPC向けの画期的な新製品 「Data ONTAP(r) GX」を出荷開始

Linux(r) コンピュートクラスタ管理の簡易化と飛躍的な パフォーマンスを実現

ネットアップ株式会社 2006年06月20日

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木康正、以下ネットアップ)は本日、強力な機能と性能を誇る最新のオペレーティングシステム「Data ONTAP GX」を発表しました。同製品は即日出荷されます。

Data ONTAP GX は、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)アプリケーションのスループットと柔軟性を飛躍的に向上するとともに、ネットアップの代名詞であるシンプルな操作性と高い信頼性を実現します。このような特長を持つオペレーティングシステムは現在、Data ONTAP GX だけです。2年という歳月をかけて開発され、SpinOS(ネットアップが買収した Spinnaker Technologies社の分散システム技術)のグローバルネームスペース機能と、Data ONTAP 7G の主要な特長(データ管理、パフォーマンス、高可用性)を結集しました。詳細機能についてはWebサイト(www.netapp.com/see/ontap-gx/pr/:英語)をご覧ください。

Data ONTAP 7G はこれまでネットアップのエンタープライズOS として、パフォーマンス、特長、機能などあらゆる面で顧客のニーズに応えてきました。しかし、エネルギー(地震探査データ処理アプリケーション)、エンターテイメント(映画製作、特殊効果のレンダリング)、電子回路設計の自動化(チップ設計、シミュレーション)などのHPCが必要とされる分野では、パフォーマンスに対するニーズはとどまるところをしりません。Data ONTAP GX は、そうした分野のニーズに応えるため開発されました。単一のグローバルネームスペースを提供することで、各アプリケーションが複数のノードを 1 つのシステムとして認識することを可能にしました。また、ストレージのノード間や階層間でのデータ移動をシームレスに実行するとともに、データの検索と管理を簡易化します。

新製品「FAS6070」やFAS3050上でData ONTAP GX を動作させることで、GX に標準装備されているクラスタファイルシステム技術をHPC に活用することができます。これによって個々のファイルもデータセットも複数ノードにストライピングできるようになり、従来のストレージシステムをはるかに上回る高いパフォーマンスを達成することできます。たとえば新型のFAS6070と Data ONTAP GXを組み合わせると、最大容量6PB(ペタバイト)、SPEC SFSベンチマークで毎秒 100万OPS(Operations Per Second)以上というこれまで例を見ないほどのパフォーマンスを実現することができます。

ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス社R&D部門のシニアシステムアーキテクト、スティーブ・コワルスキー氏のコメント:
「当社は、Data ONTAP GXのベータテストに参加しましたが、その性能と安定性は非常に印象的でした。当社では、大企業用のインフラ要素と HPC が混在しており、技術的にはいわばハイブリッドです。ですからData ONTAP GXの高い性能とエンタープライズ向け機能にとても期待しています」。

インダストリアル・ライト&マジック社 (ILM) シニアシステムエンジニア、マイケル・トンプソン氏のコメント:
「ネットアップは、管理手順や信頼性を向上するためにスケーラビリティやパフォーマンスを犠牲にすることはありません。Data ONTAP GX はとてもすばらしい製品で、非常に高いデータスループットを実現するとともに、1つのグローバルネームスペースを数PBに拡張することができます。またクライアント側のソフトが不要で、コントローラ間やストレージ階層間のデータ移動が簡単という優れた特長も備えています。つまり、あらゆる面でHPCに最適なストレージソリューションなのです」。

IDC 社 HPC 担当リサーチディレクター、アディソン・スネル氏のコメント:
「HPCにとってパフォーマンスはまぎれもなく重要な条件の1つですが、この他にも管理の容易さ、拡張性、データ保護などが購入の決め手として挙げられます。HPC ユーザーのニーズを幅広く捉えることは、顧客のあらゆる問題に応えるソリューションの開発に必ず役立つでしょう」。

ネットアップ社プロダクト・アンド・パートナー担当バイスプレジデント、パトリック・ロジャーズのコメント:
「HPC用のストレージソリューションにはこれまで大規模なコンピュートクラスタが不可欠でした。しかしData ONTAP GXを利用すれば、Linuxコンピュートクラスタの真価を生かして、HPCに欠かせないきわめて高いパフォーマンスと、HPC 環境の管理の簡易化を同時に実現できます」。


Data ONTAP GX は、競合製品を凌駕する下記のような特長を備えています。

* 画期的なパフォーマンス:
Data ONTAP GX は、安定した出力で最高レベルのパフォーマンスを達成します。最近の SPEC SFS テストでは 100万OPS以上を記録し、第2位の3倍以上に相当する圧倒的なパフォーマンスを実証しました。詳しくはニュースリリース
( (リンク ») )をご覧ください。

* リニアスケーラビリティ:
小規模から大規模までモジュラー方式で拡張できるだけでなく、各ボリュームを自由にストライピングして1つのファイルに対するスループットを飛躍的に高めることができます。

* 管理の簡易化:
1つのグローバルネームスペースで数PB まで拡張可能で、クライアント側にソフトウェアは不要です。またコントローラ間やストレージ階層間で、アプリケーションのデータ移動を簡単かつシームレスに実行します。

* 高い信頼性:
Data ONTAP GX の心臓に当たる「NetApp WAFL(r)」は実績あるファイルシステムで、これまでに全世界で6万本あまりが導入されています。また きわめて高水準のデータ保護を実現するRAID-DP(tm)を搭載し、同時に複数のディスク障害が発生してもデータを完全に保護しますので、Data ONTAP GXに死角はありません。

ネットアップのHPC 環境向け用のソリューション『Data ONTAP GX』は、正規販売代理店を通じて本日より発売されます。価格はネットアップの正規販売代理店にお問い合わせください。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージソリューションを提供するリーダーベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www-jp.netapp.comをご覧ください。

NetApp、NetAppのロゴ、Data ONTAP、Spinnaker NetworksおよびWAFLはNetwork Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Appliance、RAID-DPは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

SPECおよびベンチマーク名のSPECsfs97_R1はStandard Performance Evaluation Corporationの登録商標です。競合ベンチマーク結果は2006年6月12日にwww.spec.orgに掲載された結果にもとづいています。最新のSPECsfs97_R1のベンチマーク結果については (リンク ») をご覧下さい。


本リリースについてのお問い合わせ先
日本ネットワーク・アプライアンス株式会社 広報担当: 堀内
TEL: 03-5404-1202  FAX: 03-5404-1288
Mail: pr-contact@netapp.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?