ネットアップ、統合データ管理ツールに新たなセキュリティ機能を追加

NO BUDGET

2023-07-20 06:40

 ネットアップは、統合データ管理ツール「NetApp BlueXP」(BlueXP)に新たなセキュリティ機能を追加したと発表した。

 新機能は「NetApp BlueXP バックアップ&リカバリ」で、単一の制御ポイントによる統合的なデータ保護をできるようになった。オンプレミスとクラウドの両方で、あらゆるワークロード上のデータに対するサイバー脅威を防ぎ、高度なセキュリティ環境を導入できるとする。

 BlueXPは、オンプレミス環境とクラウド環境のストレージとデータサービスを1つのインターフェースで管理する。AIを用いたAIOpsで運用を簡易化でき、データ資産全体にわたるシームレスな管理、高度なデータサービス、一貫した運用ポリシーとプロセスを実現する。

 また環境に依存することなく、「3-2-1 バックアップ戦略」(バックアップを3つ取得し、2つを異なる環境に保管し、1つは物理的に異なる環境に保管することでバックアップデータを担保する方法)のあらゆるバリエーションをワークロードに応じて簡単に適用できる。このため複数のツールや特別なトレーニングなどが不要になるという。

 また「Amazon FSx for NetApp ONTAP」上などの「NetApp Software-Defined Storage」または「ハイパースケールネイティブストレージ」を使用して、主要なクラウドにおける整合性が保たれたデータベースをサポートする。

 さらに、BlueXPの新たなプライベートモードと制限付きモードで、BlueXPと関連ストレージ、政府機関のクラウドや、インターネット接続からの完全な隔離が必要な「ダークサイト」など、高度なセキュリティとコンプライアンスが要求される環境に導入できるようになった。

 これによりクラウド向け統合監視・可視化サービス「Cloud InsightsのFederal Edition」では、米国政府機関におけるクラウドセキュリティ認証制度(FedRAMP)の「ハイインパクトレベル」の保護を必要とする環境やワークロードへの導入に利用できるようになっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]