内部統制の実現を促進するWEBグループウエア 「NIコラボ」50日間無料トライアル 9月1日よりサービス開始!

株式会社NIコンサルティング 2006年08月31日

経営コンサルティングの株式会社NIコンサルティング(本社:東京都港区、社長:長尾一洋)は、2006年9月1日より、社内の情報共有基盤を確立させ、営業改革を促進するための機能が満載のポータル型WEBグループウエア「NIコラボ」の50日間無料トライアルサービスを開始することを発表します。

NIコンサルティングのグループウエア「NIコラボ」は、セキュリティ面をも含めた業務プロセスの徹底管理が行えるワークフロー機能に特に力を入れており、専用の単体ソフトにひけをとらない柔軟な決裁、多彩なパターンの申請経路の作成、携帯電話(標準搭載)での処理など、スムーズな決裁処理で経営のスピードアップを図り、内部統制の実現を促進しています。

2008年4月以降の事業年度から適用される予定の「日本版SOX法」を前に、企業にとっては、内部統制の実現、及びセキュリティへの更なる配慮が急務となっています。そして、グループウエアにおける内部統制実現の一番の要となるのが、ワークフロー機能です。承認フローを自動化することで、スピーディーな業務が行なえるだけでなく、可視化することで、責任の所在が明らかになるワークフロー機能は、最近にわかに脚光を浴びるようになってきました。

また、「NIコラボ」は、IT日報「顧客創造日報シリーズ」と完全連携することで社内業務、及び営業活動の可視化を実現し、不正な処理や業務を抽出したり、警告を出したりすることができるようになっています。コンプライアンスや内部統制を強化していくためになくてはならないITツールが「NIコラボ」です。

NIコンサルティングは、1991年から紙の営業日報を使った営業指導をスタートし、1998年からはIT技術を活用した営業支援システム(SFA・CRM=IT化日報)によって営業革新を実現する事業を行なっております。1998年以降、弊社SFA・CRMシステムを導入した企業は累計で1400社を超え、日報型SFA導入企業数では、日本一となっております。


◆NIコラボ50日間30名様まで無料トライアル◆
【利用期間】
試用期間は、初回ログイン日より50日間です。それ以降はサービスが利用できなくなります。

【データ容量】
・データ容量は、1ユーザにつき100MBまでとさせて頂きます。
・1ユーザあたりの送受信メールデータ量は、10MBを上限とさせていただきます。
・試用期間終了後、データの保持期間は2週間です。それ以降はデータが削除されますのでご了承下さい。

【動作環境】
CPU:PentiumⅢ(Pentium4 推奨)
メモリ:256MB (512MB 推奨)
クライアントOS:Windows 98、Me、2000、XP
WEBブラウザ:インターネットエクスプローラ5.5(SP2)以降
(ベータ版など、マイクロソフト社がサポートしていないものは除きます。)
(インターネットエクスプローラ6.0 SP2 推奨)
解像度:1024×768 推奨

【NIコラボの5大特長】
・ラクラク操作のポータル型グループウエア
・携帯版、PDA版、 ワークフロー機能が標準装備
・多彩なアクセス権の設定ができ、セキュリティも安心
・もちろん、営業支援システム(SFA)標準連携
・多機能にも関わらず低価格


※本文に登場する社名および製品名は、商標または登録商標です。

用語解説

SFA(Sales Force Automation):営業支援システム
CRM(Customer Relationship Management):顧客維持管理システム

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社NIコンサルティングの関連情報

株式会社NIコンサルティング

株式会社NIコンサルティングの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!