遠隔会議システムのラインナップ追加および価格改定について

NECエンジニアリング株式会社 2006年12月01日

NECエンジニアリングはこのたび、多地点TV会議に最適なビデオネットワークソリューション商品「MEDIAPOINT IP2(メディアポイント アイピーツー)」シリーズに、導入コストの低減が可能な「TCモデル」をラインナップに追加し、本日より販売および出荷を開始いたしました。

また、音声会議システム「Voicepoint(ボイスポイント)」シリーズについても価格を改定し、導入コストを抑えることでコストパフォーマンスの強化を図り、本日から販売を開始いたしました。

■TV会議システム「MEDIAPOINT IP2」シリーズにTCモデルを追加

従来、MEDIAPOINT IP2を使用してTV会議を行うには、最大4地点の多地点会議を可能とするMCU機能(※1)を標準搭載した上位機種[BCモデル、HCモデル(※2)]を複数台用意する必要がありました。この構成では全ての地点が親機となり多地点TV会議が行える反面、2地点会議や親機となる場所が決まっているお客様からはMCU機能を搭載しない低価格機種を望む声が寄せられていました。

新商品のTCモデルは、お客様からの要望にお応えし2地点会議や常に1地点が親機となる多地点会議に利用することを想定し、MCU機能を搭載しないことで低価格化を実現いたしました。

  ・2地点会議で使用する場合(添付の図をご参照下さい)

  ・4地点会議で使用する場合(添付の図をご参照下さい)

新商品の単体標準価格は34万8000円(税込36万5400円)であり、年間2,000台の出荷を見込んでおります。また、既発売のMEDIAPOINT IP2シリーズ(BCモデル、HCモデル、NCモデル[監視ソリューション用モデル])についても引き続き販売いたします。

※1 MCU[Multipoint Control Unit]:多地点接続ユニット
※2 BCモデル:中小会議室向け標準モデル[標準価格:44万8000円(税抜)]
   HCモデル:大会議室向け高画質モデル[標準価格:59万8000円(税抜)]
   (発売:2005年5月)

■音声会議システム「Voicepoint」シリーズの価格改定

TV会議システム「MEDIAPOINT IP2」のラインナップ追加と併せて音声会議システム「Voicepoint」シリーズにおいても、アナログ電話回線やIPネットワーク、携帯電話、PHSに対応可能な「Voicepoint IP」は従来比約12%、アナログ電話回線専用の「Voicepoint S」は従来比約20%低減する価格改定を実施いたしました。

 ・Voicepoint IP【改定率:12%】

   現行標準価格 :16万8000円(税込17万6400円)
   改定後標準価格:14万8000円(税込15万5400円)

 ・Voicepoint S【改定率:20%】

   現行標準価格 :9万9800円(税込10万4790円)
   改定後標準価格:7万9800円(税込8万3790円)


<商品に関するお客様からのお問い合わせ先>

 NECエンジニアリング 営業本部 アプライアンス営業部
  TEL:03-6414-5640
  URL:http://

<プレスリリースに関する報道関係からのお問合せ先>

 NECエンジニアリング 経営企画部
  TEL:03-3798-7540

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

【ご参考】

「MEDIAPOINT IP2シリーズ」および「Voicepointシリーズ」の詳細情報については、以下のURLをご参照ください。

 ・TV会議システム「MEDIAPOINT IP2」シリーズ
    (リンク »)

 ・音声会議システム「Voicepoint」シリーズ
   アナログ電話回線やIPネットワーク、携帯電話、PHSに対応可能な「Voicepoint IP」
     (リンク »)
   アナログ電話回線専用の「Voicepoint S」
     (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

NECエンジニアリング株式会社の関連情報

NECエンジニアリング株式会社

NECエンジニアリング株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!