ユビキタス時代の情報漏洩対策の決定打「シンクライアント安全サービス」提供開始

~ セキュアなモバイルアクセス環境を短期間に構築 ~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 2005年11月14日

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(社長:太田幸一、本社:東京都江東区 レインボータウン)は、Citrix社の「Citrix Presentation Server」を利用し、お客様がモバイル端末からイントラネットに安全にアクセスできる環境を短期間で構築し、運用までをサポートするトータルソリューション「シンクライアント安全サービス」の提供を11月1日より開始いたしました。

 昨今の情報漏洩の多くがモバイルパソコンの盗難・紛失が原因と言われているなか、モバイル利用の利便性を損なうことなく情報漏洩対策を行うことは、多くのシステム管理者にとって大きな課題の一つでした。一般的に、モバイルパソコンの社外への持ち出しなどに関する運用ルールの徹底や、暗号化、コピー抑止、ログ収集などのツールの導入・運用は大変であると言われています。
万が一、社外に持ち出したパソコンを盗難・紛失した場合、たとえ保存されているデータが暗号化されていたとしても情報を流出させた事実によって企業の信用は大きく失墜してしまいます。このような状況の中で、パソコン内のハードディスクにデータを格納しないシンクライアントへの注目が高まっています。

 富士通エフ・アイ・ピーでは、これまでセキュアソリューション「SafePort」で培ってきたセキュアサーバ、ファイヤーウォール、IDS※などの構築・運用やISMS認定取得コンサルなどの技術・ノウハウを活用して「シンクライアント安全サービス」を提供いたします。
シンクライアント安全サービスでは、既存のイントラネットとは独立したモバイル専用のネットワーク(モバイルビジネス・ゾーン)を作ることで、セキュリティなどについてイントラネット環境を新たに変更する必要がなくなり、構築期間の大幅な短縮と導入に関するお客様の初期作業の負担を軽減いたします。
導入サービスでは、サービス開始に必要な項目や設定値が記入されたテンプレートを活用し、各サーバのインストールやセットアップ、アプリケーション類の設定やネットワーク機器の設定およびポリシー(運用ルール)の策定支援を行います。テンプレートを使用することで、手作業によるヒューマンエラーや煩雑さを防止するとともに複数の環境構築がある場合でも容易に標準化や効率化を行うことができます。また、運用サービスではモバイルビジネス・ゾーンの定期的な脆弱性診断やセキュリティ更新プログラムの適用などによりセキュアな環境の維持管理を行います。
導入サービスと運用サービスをワンストップでサポートすることで、お客様は安全で負担の少ないシンクライアント環境をご利用いただけます。

 さらに将来的には、「シンクライアント安全サービス」のお客様への導入サービスに加え、当社データセンタを活用したアウトソーシングサービスとして提供してまいります。

 【シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社からのメッセージ】
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社執行役員営業本部長  山本 勲
「シンクライアント安全サービス」の提供開始を歓迎いたします。モバイル環境でも利便性を損なうことなく安全なシンクライアントの活用をしたいというニーズに特化した今回のサービスは、弊社の「Citrix Presentation ServerTM」の特性をまさに活かしていただいている活用方法といえます。富士通エフ・アイ・ピー様は、システムの運用サービスやアウトソーシングに定評があり、お客様には、弊社製品とともにビジネスの即戦力としてこのサービスをご利用いただけることを期待しています。」

・Citrix Presentation ServerはCitrix社の登録商標です。
・MS Officeは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
・その他名称については、各社の登録商標または商標です。

1.シンクライアント安全サービスの特徴と利用条件
(1)特徴
  ①短期間での導入が可能
   モバイル環境から利用するクライアントパソコンのみをモバイルビジネス・
  ゾーンのファイルサーバに公開する形態を取るため、セキュリティなどについ
  てのイントラネット環境の新たな変更や、既存のクライアントパソコンの移行
  作業などが不要となり、約1ヶ月で利用を始められます。

  ②セキュアなモバイルビジネス環境を提供
   「クライアントパソコンにデータを残さない」、「ローカルプリンタの利用
  を制限する」、「セキュリティ更新プログラムの適用時期や認証のためのアカ
  ウントポリシーの管理」などを制御するためのポリシー策定支援を行います。

  ③セキュアなモバイルビジネス環境を維持
   導入後の運用サービスとして、定期的(年4回)にモバイルビジネス・ゾー
  ンの脆弱性診断を行いセキュアな環境を維持します。また、セキュリティ更新
  プログラム適用等の運用代行をオプションにてサポートします。

  ④多様な利用シーン
   外出先や自宅から、あるいはWebブラウザが使える環境であればどこから
  でも「利用を許可されたアプリケーションやデータ」にアクセスすることが可
  能です。

  ⑤既存PCの利用が可能
   現在お使いのモバイルPC端末をシンクライアント端末として利用できま
  す。

(2)利用条件
  ①ネットワーク環境
   インターネットVPN(SSL-VPN)
    * SSL-VPNの環境構築は当サービスに含まれます

  ②利用可能なクライアント
   ICA専用クライアント、JAVA版・ActiveX版のICAクライア
  ントが起動可能なWebブラウザ
    * ICA(Independent Computing  
         Architecture)
    * CD-ROMブート方式は別途カスタマイズが必要

  ③利用可能なアプリケーション
   MS Office、Webブラウザで利用可能アプリケーション、エミュ
  レータ(WSMGR)
   その他のアプリケーションについては個別対応

2.シンクライアント安全サービスの内容
(1)リソース提供
   ・IAサーバの販売、保守
   ・Citrix Presentation Serverの販売、保守
(2)導入サービス
   ・モバイルビジネス・ゾーンの構築
   ・モバイルビジネス・ゾーンのポリシー策定支援
   ・イントラネット・ゾーンからモバイルビジネス・ゾーンへのデータ移行支援
(3)運用サービス
   ・モバイルビジネス・ゾーンの定期的な脆弱性診断
   ・モバイルビジネス・ゾーンのセキュリティ更新プログラム適用等の運用
    代行(オプション)

3.シンクライアント安全サービスの販売開始時期
 ・サービス開始時期:2005年11月1日

4.サービスメニューと販売価格
                                (単位:千円)
 サービス      モデル                 税込価格
導入(初期) 小(接続端末:40台、同時利用者:20名) 1,732.5~
       中(接続端末:80台、同時利用者:40名)  3,733.8~
運用(月額) 各モデル共通                   441~

 ※導入サービスにはハードウェアおよびソフトウェアの費用は含まれません
 ※運用サービスにはハードウェアおよびソフトウェアの保守費用は含まれま
  せん

5.販売目標
   3年間:200社導入で、10億円

6.会社概要
<富士通エフ・アイ・ピー株式会社>
 ・本 社 : 東京都江東区青海2丁目45番 タイム24ビル
 ・社 長 : 太田幸一
 ・設 立 : 1977年
 ・従業員 : 2,538名(2005年9月末)
 ・資本金 : 20億円
 ・売上高 : 845億円(2004年度)
 ・ホームページ: (リンク »)

7.お問い合わせ先
 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
  ・Phone : 報道関係 03-5531-5111 (総務部)
        営業関係 03-5531-0351 (アドバンストビジネス推進部)
  ・E-mail : 報道関係 press@fip.fujitsu.com
        営業関係 info@fip.fujitsu.com

                                     以 上

用語解説

※IDS‥Intrusion Detection Systemの略(パソコンやネットワークへの侵入検知システム)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR