【ナノプロMRR事業部】「第4世代移動通信(4G)市場動向と今後のシナリオ予測」の予約販売を開始

 ~技術標準化・プレイヤー・戦略提案を中心に~

グルーヴプロモーション株式会社 2007年06月26日

IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR(運営会社:株式会社ナノプロ 代表取締役 森田裕行)は、株式会社ROA Groupが提供する「第4世代移動通信(4G)市場動向と今後のシナリオ予測」の予約販売を開始しました。

2007年6月26日

報道関係各位

株式会社ナノプロ MRR事業部
(リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――
ナノプロMRR事業部、
「第4世代移動通信(4G)市場動向と今後のシナリオ予測」の予約販売を開始

 ~技術標準化・プレイヤー・戦略提案を中心に~

詳細はこちら⇒ (リンク »)
――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR(運営会社:株式会社ナノプロ 代表取締役 森田裕行)は、株式会社ROA Groupが提供する「第4世代移動通信(4G)市場動向と今後のシナリオ予測」の予約販売を開始しました。


詳細はこちら⇒ (リンク »)


■■資料概要■■

4Gの基本的な概念から技術標準化動向、各プレイヤーの取り組みなどの動向を探り、今後のシナリオを予測しました。



■レポートサマリー

ITU-Rの定義によると、4Gとは高速移動(60Km/s以上)で100Mbps、低速移動(歩行中)で1Gbpsの速度が実現できるモバイルブロードバンドの意味です。ITU-Rはこの次世代モバイルネットワークを2005年10月に「IMT-Advanced」と正式に命名し、2010年以降の商用化に向け、国際標準化をリードしています。そして、その候補となる技術は、3GPP LTE、3GPP2 UMB、モバイルWiMAX、IEEE802.20 MBWA等が代表的な技術規格であり、これらは国際的かつ地域的に主導権を握ろうと競合関係にあります。

日本国内でも、ITU-Rの国際標準化スケジュールに合わせて、各無線キャリアやメーカーが4Gへのロードマップを策定し、技術開発に取り組んでいます。例えば、NTTドコモのSuper 3G、KDDI auのウルトラ3G、ソフトバンクモバイルの3GPP LTE、ウィルコムの次世代PHS、そして各キャリアが考えているモバイルWiMAX等の概念は4Gに向けた架け橋である3.9Gとしてポジションニングされており、これらのソリューションがそのまま4Gの基盤技術になる見通しです。なお、かつて日本の2G仕様であったPDCが世界標準と合致しなかった点、また2001年10月世界で初めて開始されたFOMA 3Gサービスが国際的に商用化する前に始まり、海外ローミングに対応できなかった点などの経験からも、今後の国内無線規格は国際標準と歩調を合わせて進むべきではないでしょうか。グローバル化が急速に進んでいる現在の状況下では、国内企業の海外進出のためにも国際標準化の動きに注目する必要があります。

一方、2010年以降に開花する4G時代は、3Gとはかなり異なる世界になると予想されます。ネットワーク技術が3Gから4Gへ進歩するだけではなく、社会や経済、そしてモバイル以外の技術も時代に従い急速に変化すると予想されるためだからです。したがって、4G時代のパラダイムを予想するにあたっては、社会、経済、技術トレンドをあわせて考慮する必要があります。そして、このような社会・経済・技術トレンドはモバイルブロードバンド時代といわれる4Gと融合され、5つの中心的な概念を生み出すと推測されます。すなわちROA Groupは、1;ユビキタスネットワーク、2;産業間コンバージェンス、3;パーソナルライズ、4;インタラクティビティ、5;リアリティ化が4G時代を表すキーワードとして定義しました。

市場規模の側面では、まず3.9Gの市場は2008年から一部の国家で登場し、徐々に拡大されると予想されます。しかし、3.9Gはあくまでも中間的なソリューションであり、市場での加入者シェア獲得には限界があると見られます。そして、100Mbps以上の4G市場が2011年2012年ぐらいから商用化し始め、2020年まではにグローバル市場で約5割を占め、無線通信市場を主導すると推測されます。

本レポートの構成は、4Gの基本概念を始め、ITU-Rからの国際標準化作業、各候補技術の特徴と支持するプレイヤーの取り組み等を詳細に分析し、さらにOFDMAとMIMOに代表される4G技術の概念や開発動向を探りました。また、海外のネットワークベンダー、無線キャリア、チップメーカー、そして日本キャリアの4Gへの動きに関しても分析を行いました。後半部は4Gがもたらすパラダイムの変化をビジネスモデル、端末、消費者ライフスタイルの側面から推測しました。最後には今後の市場シナリオ(市場覇権及び市場規模のシナリオ)、メーカーや無線キャリアが標準化競争において勝つために取り組むべき戦略の提案を行なっています。

本レポートを通じて、無線キャリア、ネットワークベンダー、端末メーカー、チップセットマーカー、あるいは4Gに関する政策立案を行なう担当者は、4Gの最新の動きに関し、国内に限らずグローバル的な動向を詳細に把握することができると思われます。なお、本レポート内の4G技術がもたらす社会的な変化に関する予測、市場シナリオの展望、標準化戦略の提案により今後4G時代でいかにリーダーシップを握るかに対して方向性を見極めるインプリケーションになると期待します。


■■資料目次■■

目次

エグゼクティブサマリー

1 4Gの基本概念
 1-1 4Gの定義
 1-2 ネットワーク技術のロードマップ
 1-3 3G vs 4G
 1-4 4G基盤技術動向
  1-4-1 MIMO技術動向
  1-4-2 OFDMA技術動向3

2 4Gの標準化競争
 2-1 ITU-R IMT-Advanced
  2-1-1 標準化動向
  2-1-2 4Gへのニーズ
  2-1-3 4G候補周波数 
 2-2 4Gの候補技術
  2-2-1 3GPP LTE
  2-2-2 3GPP2 UMB (EV-DO Rev C)
  2-2-3 IEEE モバイルWiMAX
  2-2-4 IEEE 802.20 MBWA
 2-3 日本における標準化動向

3 海外プレイヤー動向
 3-1 ネットワークベンダー
 3-2 無線通信事業者
  3-2-1 米国
  3-2-2 ヨーロッパ
  3-2-3 アジア
 3-3 チップセットメーカー6
 3-4 プレイヤー間のグローバルな連携
  3-4-1 NGMN(Next Generation Mobile Networks)
  3-4-2 LTE/SAE Trial Initiative
  3-4-3 CJK標準化会議
  3-4-4 WWRF (Wireless World Research Forum)

4 日本キャリアの4G動向
 4-1 NTTドコモ
 4-2 KDDI au
 4-3 ソフトバンク
 4-4 ウィルコム

5 4G時代のパラダイムの変化
 5-1 4G時代の5つのキーワード
 5-2 ビジネスモデルの変化
  5-2-1 バリューチェーンの統合及び多様化
  5-2-2 コンテンツの質的向上
  5-2-3 双方向取引の増加
 5-3 携帯電話のコンセプトの変化
  5-3-1 ウェアラブル端末の登場
  5-3-2 コンバージド端末の増加
  5-3-3 シンクライアント端末の登場
  5-3-4 スマートフォン市場の拡大
 5-4 消費者のライフスタイルの変化
  5-4-1 シームレスコネクティッド(Seamless Connected)型スタイル
  5-4-2 市場参加及び創出型スタイル
  5-4-3 モバイルプロフェッショナル(Mobile Professional)型スタイル
  5-4-4 サイバーセントリック(Cyber Centric)型スタイル

6 今後の市場シナリオ及びインプリケーション
 6-1 市場覇権のシナリオ
 6-2 市場規模のシナリオ
  6-2-1 成長要因
  6-2-2 障害要因
 6-3 インプリケーション(勝つための戦略提案)
  6-3-1 国際標準化前の戦略
  6-3-2 国際標準化後の戦略

■■表目次■■

[表1-1] 3Gと4Gの比較
[表2-1] バリューチェーン別の4Gへのニーズ
[表2-2] 4G候補技術の比較
[表4-1] 3GPPで合意されたSuper 3Gの必要条件
[表4-2] ウィルコムの高度化PHSと次世代PHSの比較

■■図目次■■

[図1-1] 4G技術のポジショニング
[図1-2] 4Gネットワークの意味
[図1-3] ネットワーク技術のロードマップ
[図1-4] MIMOの仕組み
[図1-5] OFDMAの仕組み
[図2-1] ITU-RのIMT-Advanced標準化スケジュール
[図2-2] IMT-Advancedの候補周波数
[図2-3] 4G候補技術のポジショニングマップ
[図2-4] 3GPPの標準化ロードマップ
[図2-5] 3GPPの技術ロードマップ
[図2-6] 3GPP2技術のロードマップ
[図2-7] IEEE 802.16(WiMAX)のロードマップ
[図2-8] IEEE 802.20(MBWA)の競合技術
[図2-9] 日本の4G研究機構の体制図
[図2-10] BWA候補技術とキャリアの支持関係
[図3-1] ネットワークベンダー別4G採用動向
[図3-2] サムスンのWiBro端末(SPH-M8100)
[図3-3] スプリントネクステルのモバイルWiMAX提携関係
[図3-4] 韓国無線キャリアのサービスロードマップ
[図3-5] 中国FuTUREプロジェクトのスケジュール
[図3-6] クアルコムの4Gロードマップ
[図3-7] インテルのWiMAXロードマップ
[図3-8] テキサス・インスツルメンツの4Gロードマップ
[図3-9] 4Gシステムへの相対的な優先順位
[図3-10] NGMN-GSM-UMTSのロードマップ
[図3-11] CJK標準化会議の構成図
[図3-12] WWRFのプロジェクト構成
[図4-1] NTTドコモの4Gへのロードマップ
[図4-2] ドコモの5Gbps伝送実験で採用した仕組みと主要技術
[図4-3] KDDI auの4Gへのロードマップ
[図4-4] ウルトラ3Gの概念図
[図4-5] ソフトバンクの4Gへのロードマップ
[図4-6] ウィルコムの4Gへのロードマップ
[図5-1] 4G時代の5つのキーワード
[図5-2] 4G時代のバリューチェーンの統合及び多様化
[図5-3] 4G携帯電話デザインの多様化
[図5-4] 4G携帯電話のコンセプトデザイン
[図5-5] 国内スマートフォン市場の展望(2005年-2010年)
[図5-6] 4G時代の消費者の新ライフスタイル
[図6-1] 4G技術の市場覇権シナリオ
[図6-2] モバイルWiMAXが主導するシナリオ
[図6-3] 世界の携帯電話加入者の世代別推移
[図6-4] 4G市場の成長要因と障害要因
[図6-5] 4Gにおけるプレイヤーの戦略



■■資料の仕様■■
商 品 名:「第4世代移動通信(4G)市場動向と今後のシナリオ予測」
発 刊 日:2007年6月
判   型:A4版カラーコピー -頁
調査・発行:株式会社ROA Group
販   売:株式会社ナノプロ
頒   価:【PDF版】99,750円(税込)
      【PDF+印刷版】102,900円(税込)
      【印刷版】99,750円(税込)


■■お申し込み方法■■
下記URLよりご購入ください。
⇒ (リンク »)


■■ナノプロについて■■
設立:2006年1月
会社名:株式会社ナノプロ
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
インターネットならびにモバイル向けのプロモーション
セールスプロモーション事業
関連コンテンツ・システム事業
(1)成果報酬型Eコマースプロモーション
(2)プロモーションコンテンツ制作、ネットプロモーションシステム開発事業
代表取締役:森田裕行
URL: (リンク »)

■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
株式会社ナノプロ
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

グルーヴプロモーション株式会社の関連情報

グルーヴプロモーション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!