BIGLOBEが「メールアウトソーシングサービス」の提供を開始

~電子メールのセキュリティ対策からシステム運用まで、企業ニーズに合わせてASP提供~

NECビッグローブ株式会社 2007年06月11日

NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:鈴木 俊一、以下BIGLOBE)は、電子メールシステムのASP「メールアウトソーシングサービス」( (リンク ») )の提供を本日より開始いたします。 本サービスは、高度化するセキュリティ対策や、複雑化するメールシステムの運用・管理をBIGLOBEのデータセンター上で代行するもので、高い信頼性を有するASPとしてメニュー化し企業向けに提供するサービスです。 

本サービスは、BIGLOBEの安心・安全なデータセンター上に構築したメールシステムを「迷惑メールチェック」や「メール監査」などの機能ごとにコンポーネント化し、お客様のニーズに応じ必要なサービスを組み合わせてASPとして提供するものです。そのため、お客様にメール対策の専門知識が無く、自社でメール対策に多大な設備投資をしなくても、BIGLOBEで運用実績がある高度なメールサービスを手軽に利用することが可能となります。

本サービスの特長は下記の通りです。
 

1.高度なメールセキュリティ対策

BIGLOBEが会員向けに提供してきた実績を持つ「迷惑メールチェック」や「メールウィルスチェック」に加え、今後日本版SOX法の施行に向けてニーズが高まる「メール保管・監査」機能をASPとして提供。「迷惑メールチェック」ではクラウドマーク社、「メールウィルスチェック」ではシマンテック社など、業界トップクラスのパートナーとの連携により高度なセキュリティサービスが提供可能。

 
2.お客様のニーズに合わせてメールシステムのASP提供が可能

メールセキュリティだけが必要といった個別機能の利用から、「メールボックス」まで含んだフルアウトソーシングでの利用まで、お客様のニーズに合わせて必要な機能を組み合わせASPで提供可能。BIGLOBEデータセンター上にあるメールシステムを利用するため、自社でシステム構築する場合より大幅なコストダウンが可能。また、迷惑メール対策やメール監査など、専門知識が必要なサービスについても、BIGLOBEの豊富な運用ノウハウを活用することで、高度なメール運用を容易に実現。

 
3.高い信頼性を有するBIGLOBEデータセンターを活用したASP

1,600万人以上のBIGLOBE会員向けに安定したサービスを提供し続けているBIGLOBEデータセンター上でASPサービスを提供するため、非常に高いセキュリティレベルでメールシステムの運用が可能。
 

 
本サービスの料金体系は以下の通りです。

*メールアカウント数:500の場合     

                       初期費用(税別)  月額費用(税別)
メールウィルスチェック機能        200,000円   160,000円~
迷惑メールチェック機能          200,000円   160,000円~
メール保管・監査機能         1,500,000円   360,000円~
メールボックス機能             200,000円   100,000円~



昨今、迷惑メールの急増が社会問題化している中で、各企業が独自の自助努力で対応していくには、多大な設備投資と運用コストが発生いたします。また2008年4月から施行される日本版SOX法に備え、メール監査の強化など、高度なメールシステム運用ノウハウが求められております。本サービスは、このような状況を受け提供するもので、BIGLOBEでは2008年度末までに50社への導入、売上高5億円を目標としております。

BIGLOBEは、今後もインターネットを活用した企業の事業拡大を支援してまいります。
 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!