MKI、ストレージビジネスの本格展開に向け、画期的なSANストレージ提供開始

~米Compellent社とSAN(※1)ストレージ製品について国内初の販売代理店契約を締結~

三井情報株式会社 2007年09月11日

三井情報株式会社はストレージビジネスの本格展開に向け、この度Compellent Technologiesと日本国内における販売代理店契約を締結し、国内で初めて同社の次世代仮想ストレージであるStorage Centerの取り扱いを開始します。

 三井情報株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:増田潤逸、以下MKI)はストレージビジネスの本格展開に向け、この度Compellent Technologies(本社:米国ミネソタ州、CEO:Phil Soran、以下 Compellent(コンペレント))と日本国内における販売代理店契約を締結し、国内で初めて同社の次世代仮想ストレージであるStorage Centerの取り扱いを開始することを発表いたします。

 近年、あらゆる分野でデジタルデータは巨大化しております。いまやIT以外の分野でもストレージは必須機器であり、また、お客様の成長に伴って記録されるデータ量は爆発的に拡大します。これまでのストレージでは、機器を選定し、必要なソフトウェア、管理用のサーバーなどの選定を行い、動作検証を経て本番運用となります。しかしながら、これらを確実に行うためには、多額の費用と工数をかけなければならず、また、日々の運用においても継続して工数が必要となります。加えて、システムの多様化によるストレージの管理工数およびコストの増大は将来的にも避けることができません。

 これら課題の解決策として、MKIでは、Compellentの次世代仮想ストレージであるStorage Centerと共に自らのデータセンター運用経験を踏まえたストレージにおけるプロフェッショナルサービスを提供します。

【Storage Centerの特徴】
 Storage Centerは、エントリーレベルからエンタープライズレベルまでのシームレスなスケールアップが可能なストレージ製品で、装置の大小における機能格差の無い装置です。無制限に取得可能な瞬間コピー、完全に自動化された階層管理、同期もしくは非同期の遠隔コピーなどのストレージに必要な機能がStorage Centerによって提供されます。このことによってストレージにかかる初期コストを最大70%程度削減することが可能となります。これは、ストレージと共に必要となる他社ソフトウェアや管理用サーバー、それらの動作検証などの製品、工数を削減するためです。このことは、ストレージを使う上でお客様に大きなメリットをもたらします。
 Storage Centerは、米国においても非常に高く評価されており、2006年度のInfoWorldにおいて “Best SAN” と称されました。また、すでに導入数としても600台を超えており、この製品に対する評価の高さを実証しています。

【今後の展開】
 MKIでは、Storage Centerの販売と共に自ら持つノウハウをプロフェッショナルサービスとしてお客様に提供することが可能です。お客様のシステム環境においてストレージを最大限に活用して頂くために、企画・設計、構築、MKIのデータセンターを活用した運用・保守等の技術サポートをStorage Centerと共にご利用頂けます。

(※1)SANとはStorage Area Networkの略で、ストレージ機器とサーバーとの接続には、クライアントやサーバーを接続するLANとは別の独立したストレージ専用のネットワークを構築します。ストレージ専用のネットワークとなるため、ストレージ環境を統合管理することが可能となる上、柔軟な環境の設計や運用をすることができます。

以上

このプレスリリースの付帯情報

Storage Center

用語解説

【Compellent Technologiesについて】
Compellentは、非常にスケーラブルかつ特長が豊富で、ユーザビリティや費用対効果に優れたエンタープライズクラスのネットワークストレージソリューションを提供している企業として注目されています。
(リンク »)

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社は、ネクストコム株式会社と三井情報開発株式会社が 2007 年4 月1 日をもって合併し誕生しました。システムインテグレーション、ボイスネットワークインテグレーション、データネットワークインテグレーションを主軸に、インフラからアプリケーションにわたり、コンサルティングから構築、運用・保守に至るまでシームレスなICT サービスをご提供します。お客様から常に選ばれる企業となることを目指し、最先端の技術と高品質なサービスを継続的に提供します。
(リンク »)

【報道関係における本件に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IRグループ 酒井/横井
(TEL:03-5847-6037、FAX:03-5641-9031、e-mail:press@ml.mki.co.jp)

【製品に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 営業統括本部 マーケティング部 新規事業グループ
(TEL:03-5259-6105、FAX:03-5280-8316、e-mail:storage@ml.mki.co.jp)

※三井情報、MKI、及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?