三井物産、データマネジメント環境で新たな統合分析プラットフォームに移行

NO BUDGET

2024-04-03 06:30

 三井物産は、データマネジメントプラットフォーム(DMP)において米Microsoftが提供する「Azure Databricks」を導入した。三井情報が発表した。これによりDMPのパフォーマンスを大幅に改善することに成功したという。

 Azure Databricksは、「Apache Spark」のオープンソースプロジェクトをベースとする分析プラットフォームで、MicrosoftとDatabricksが共同開発している。「Azure Synapse Analytics」や「Power BI」など、ほかのAzureサービスと緊密に統合しており、シンプルでオープンなレイクハウスに多様なデータを保存し、分析とAIのワークロードを一元化できるとする。これによりユーザーは、分析およびAI環境の構築に必要なプロセスの簡素化、自動化が可能になる。

 三井物産は、これまでもMicrosoft AzureでDMPを構築、運用し、データ活用を実施してきたが、利用拡大のため負荷が高まり、一部のデータ処理において10時間を要する問題が生じていたという。

データ処理における課題と解決策
データ処理における課題と解決策

 この問題を受けて三井情報は、大規模なデータに対する高速処理に優れたプラットフォームのAzure Databricksでパフォーマンスの検証や移行手法の検討を実施。その結果、当初10時間を要していたデータ処理が87分で完了するなどの大幅なパフォーマンス改善効果を確認し、DMPの本番環境への導入を三井物産に提案した。その後、約500のデータ処理の一部をAzure Databricksに移行し、1月15日に本番稼働を開始した。今後は、段階的にデータ処理の移行を継続し、データ基盤のパフォーマンス向上を進める。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]