アバイア、小売店舗向けカスタマー・サービス・アプリケーションを発表

小売店舗での顧客サービスと店舗運営効率の改善を実現

日本アバイア株式会社 2008年01月18日

<米国 1月14日発表 プレスリリース抄訳>

企業向けコミュニケーション・ソフトウェア、システムおよびサービスのリーディン
グ・プロバイダーである米アバイア・インク(以下「アバイア」)は、今週ニュー
ヨークで開催された小売業界の展示会National Retail Federation Annual
Conference and Expoにおいて、顧客が必要な情報を必要な時に取得することを可能
にし、企業の顧客サービスと収益を大幅に改善するカスタマー・サービス・アプリ
ケーション「Avaya Specialist Connect for Retailers」および「Avaya Video
Assistance for Retailers」を発表しました。

「Avaya Specialist Connect for Retailers」は、Motorola CA50 VoIP対応ワイヤレ
ス・スキャナに対応しており、顧客が買物をする際、店内にいる最適な販売員を探し
出せるよう支援する「find the expert」機能が搭載されています。これは小売業界
では初となるソリューションです。

「Avaya Video Assistance for Retailers」は、店内の顧客が利用可能な、高品位
(HD)双方向のライブ・ビデオ通信によるカスタマー・サービス・ソリューションで
す。

「Avaya Specialist Connect for Retailers」は、IPテレフォニーソフトウェア
「Avaya Communication Manager」により、専門知識を持った販売員をすばやく探し
出します。販売員は、小型で軽量なMotorola CA50 VoIP対応ワイヤレス・スキャナを
装備し、「Avaya Specialist Connect for Retailers」のディレクトリ検索機能を
使って、あるいは商品のバーコードをスキャンしてボタンを押すだけで、専門のス
タッフを呼び出すことができます。

例えば、販売員が顧客からの質問に答えるため家庭用品の専門スタッフを呼び出した
い場合は、Motorola CA50 VoIP対応ワイヤレス・スキャナを使って商品のバーコード
をスキャンします。すると「Avaya Specialist Connect for Retailers」は商品を自
動的に特定し、家庭用品部門の販売およびサポートチームの連絡先情報にアクセス
し、専門スタッフが現在呼び出し可能であることを確認します。専門スタッフが他店
舗や顧客ケア・センターにいても販売員はボタンを押すだけで彼らと会話ができ、顧
客への回答に必要な情報を得ることができます。また、Motorola CA50 VoIP対応ワイ
ヤレス・スキャナを使って自社のデータベースにアクセスし、画面に表示される情報
に基づいて家庭用品部門のスタッフに連絡することも可能です。

「Avaya Specialist Connect for Retailers」は、音声コミュニケーション機能が
一体となったバーコード・スキャンを必要とする販売員がいる小売店舗に最適です。
Motorola CA50 VoIP対応ワイヤレス・スキャナはAvaya Communication Managerに対
応しており、小売、ヘルスケア、病院等それぞれの業界に特化したオールインワンの
通信アプリケーションを、単一の安価な機器によって実現します。

店内の顧客が標準品位(SD)またはHD双方向ビデオ通信を行うことのできるビデオ・
キオスク・ソリューション「Avaya Video Assistance for Retailers」は、アバイア
のIPテレフォニーおよびコンタクト・センター・ソフトウェアにPolycom社のビデオ
・コラボレーション機能を組み合わせたものです。顧客からの連絡はアバイアのコー
ル・ルーティング機能によって適切な担当者につながることが保証され、シャープで
鮮明な画質によるフルモーションの双方向ビデオがクリアで自然な会話を可能にしま
す。

「Avaya Video Assistance for Retailers」によって、小売企業は、全店舗にスタッ
フを配置せずに、販売や技術関連の専門スタッフによる顧客対応が可能になります。
スタッフが店舗にいない、あるいはスタッフの知識が不十分であったために、顧客が
商品やサービスの購入を思い留まって店頭から立ち去るようなことはなくなります。
これにより、販売や技術サポートスタッフが実際に店舗に配置されているか否かにか
かわらず、顧客満足度の高いサービスを提供できます。

例えば、顧客は店頭から担当者に容易に連絡をとり、商品の特徴や使い方について直
接質問することができます。銀行の支店からは、投資商品やローンに関する質問に対
して個々の顧客に合わせた回答がキオスク経由で提供されます。

顧客はすべてのやり取りを店内で済ませることができるため、企業は、販売機会を逃
したり、競合他社に顧客を奪われるリスクが減少します。

アバイアのIndustry Solutions Groupディレクターであるマリッサ・ルソット
(Marissa Russotto)は「モトローラとPolycom社のソリューションに組み込んだア
バイアのインテリジェントな通信ソフトウェアは、小売業や顧客との密接なやり取り
を必要とする企業の、営業現場における課題解決を支援します。コストコントロール
と顧客満足度の高いサービス提供は、小売業が成功を収めるための重要項目のひとつ
です。これらの新しいソリューションを通じて、店舗に配置された販売員だけでな
く、企業全体からの専門知識を活用したよりレベルの高いサービスを提供できます。
販売員はいつでも顧客から求められた情報を取得してその場で提供できるため、さら
に効果的な販売活動を行えるようになります」と述べています。

※ 「Avaya Specialist Connect for Retailers」および「Avaya Video
Assistance for Retailers」の国内での提供については現時点では未定です。



アバイア(Avaya Inc.)について
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:
AV)は企業の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・
ソリューションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コ
ミュニケーション、コンタクトセンター向けソリューション、
Communications-Enabled Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE
500(TM)社の90%を含む世界の100万社以上の企業に採用されています。また、アバイ
ア・
グローバル・サービスはあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供し
ています。
詳細は、アバイアのWebサイト (リンク ») をご覧ください。
日本アバイアについては、 (リンク ») をご覧ください。

* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は
個々の商標権者に帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR