トップインタビュー

アバイア幹部が力説する、オンプレ/クラウド共存やAIによる顧客対応の変革

鈴木恭子

2023-12-25 06:00

 コンタクトセンターソリューションや企業向け構内電話交換機(Private Branch Exchange:PBX)を手掛けるAvayaは、AIを活用した「CCaaS(Contact Center as a Service)」 ソリューションの開発に本腰を入れている。2023年には、既存のオンプレミス環境とクラウドベースのソリューションをシームレスに連携させる「Avaya Experience Platform(AXP)」を発表。現在80カ国で展開しており、日本市場には2024年第1四半期から展開していく計画だ。

 コンタクトセンターやPBXのクラウド化が進む中、Avayaは、既存のオンプレミスの資産を生かしながらクラウドと共存する「Innovation without Disruption(破壊なきイノベーション)」という戦略を提唱している。その意図は何か――AvayaのグローバルバイスプレジデントでAXPの総責任者を務めるAhmed Helmy(アメッド・ヘルミー)氏と、2023年5月から日本アバイア 代表取締役社長を務める内山知之氏に話を聞いた。

Avaya グローバルバイスプレジデント エクスペリエンス プラットフォーム ゼネラルマネージャーのAhmed Helmy氏(左)と日本アバイア 代表取締役社長の内山知之氏
Avaya グローバルバイスプレジデント エクスペリエンス プラットフォーム ゼネラルマネージャーのAhmed Helmy氏(左)と日本アバイア 代表取締役社長の内山知之氏

 AXPは、音声やテキストによるリアルタイムコミュニケーションと、ドキュメント共有やレポート作成といったワークストリームコラボレーション、さらにユニファイドコミュニケーション(UC)機能を備えるCCaaSのコラボレーションプラットフォームである。

AEPを中核とした構成イメージ。オンプレミス環境のコンタクトソリューションとは「AXP Connect」、外部クラウドサービスとは「Avaya API Exchange Hub」を介してそれぞれシームレスに連携する。社内のCRMや「Microsoft Dynamics 365」「Salesforce」といったクラウドベースのCRMとも連携できる
AEPを中核とした構成イメージ。オンプレミス環境のコンタクトソリューションとは「AXP Connect」、外部クラウドサービスとは「Avaya API Exchange Hub」を介してそれぞれシームレスに連携する。社内のCRMや「Microsoft Dynamics 365」「Salesforce」といったクラウドベースのCRMとも連携できる

 内山氏は、AXPの特徴を「現行のコンタクトセンタープラットフォームを含む外部システムとのシームレスな連携が可能であること」だとし、以下のように説明する。

 「かねてからコンタクトセンターを運用している企業にとって、一気にクラウド環境へ移行するのは現実的ではない。特に大規模環境の場合、移行作業期間は1年以上を要する。そのため、『クラウド移行でイノベーションを実現したい』と考えても、その結果を得るのは1年以上先になる。それよりも、現状のオペレーションを停止させず、自社の方向性を見極めながらビジネスを成長させる『Innovation first, Migration later(改革優先で移行はその後)』の方が得策だ。特に金融機関などは、セキュリティやプライバシーの観点から、オンプレミス環境を継続したいという要望も多い」(内山氏)

 Helmy氏も、「最終的に全てクラウドに移行するのか、一部をオンプレミスの環境に残すのかは顧客の判断だ。われわれは、そのプロセスをカスタマージャーニーと捉え、選択肢を提供するスタンスだ。いずれの選択であっても、AXPが(CCaaSコラボレーションの)中核であることに変わりはない」と語る。

 AXPは、バックオフィスのUCとも連携している。そのため、コンタクトセンターのオペレーター(エージェント)は、顧客(カスタマー)との会話中に、バックオフィスにいる専門知識を持った従業員に、リアルタイムに問い合わせができる。エージェントが利用するブラウザーベースのアプリケーションにあるチャットボックスにテキストを入力すると、自動的にバックオフィスで利用している「Microsoft Teams」などにデータが流れ、担当者が閲覧、回答する仕組みだ。エージェントはアプリケーションを切り替える必要がないため、より迅速に対応できる。

 Helmy氏は、「コンタクトセンターで重要なのは、カスタマーからの問い合わせに対して、転送やコールバックをせずに一度の通話で問題を解決する『1次解決率』を上げることだ。ただし、問い合わせ内容は多様化しており、1人のエージェントだけで対応できるものではない。1次解決率の向上にはバックオフィスの支援とAIが不可欠だ」と指摘する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]