編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

旗印はテクノロジカンパニー--パートナーとの共創を進めるアバイアのこれから

鈴木恭子

2018-05-08 11:00

 米Avayaは4月26日、シンガポールでアジア太平洋(APAC)地域の顧客やパートナーを対象にしたプライベートコンファレンス「Experience Avaya APAC」を開催した。毎年、主要各都市で開催している同コンファレンスは、同社の最新技術やそのデモンストレーションなどを紹介している。

 今回は、1月に発表した人工知能(AI)ソリューションである「Avaya Ava」を活用したコンタクトセンターソリューション、2017年6月に米国でリリースしたAndroidベースのデバイス「Avaya Vantage」などが展示された。

会場となったSt Regis Hotels Singapore(の会場受付)。日本からは約30人のパートナーや関係者が参加した
会場となったSt Regis Hotels Singapore(の会場受付)。日本からは約30人のパートナーや関係者が参加した

 今回コンファレンスには、困難な時期を乗り越えた「新生Avayaの事業戦略とスタンスを明確にする」という意味合いもあった。

 Avayaは2017年1月に日本の民事再生法に相当する米連邦破産法第11章(チャプター11)を申請したが、同年11月に再建計画案の第2修正版が米ニューヨーク州南部地区連邦倒産裁判所で認可された。その後、2018年1月にはニューヨーク証券取引所に上場し、3億ドルのキャッシュフローを獲得している。

Avaya プレジデント兼CEO Jim Chirico氏
Avaya プレジデント兼CEO Jim Chirico氏

 「APAC地域でのチャプター11の影響は限定的だったが、証券取引所に上場したことで顧客からも『安心した』との声をいただいた」(Avaya関係者)という。

 基調講演に登壇した同社プレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるJim Chirico氏は、「チャプター11はインパクトが大きな出来事だったが、技術開発と成長分野への投資は継続しており、イノベーションは揺るぎない。(困難な時期も)われわれを信用してくれたパートナー、ビジネスを継続し、ご支援をくださった顧客に感謝を申し上げたい」と、参加者に対して感謝を述べた。

Avayaは技術カンパニー

 かねてからAvayaはコンタクトセンター(CC)やユニファイドコミュニケーション(UC)分野のソリューションを中心にビジネスを展開してきた。Chiricoは「CCとUCに注力していく姿勢は変わらない」としつつも、「コミュニケーションに関連するすべての分野において適切な技術を提供し、顧客のデジタルトランスフォーメーションを支援する」と強調する。

 Avayaは2017年10月開催された「GITEX Technology Week 2017(GITEX)」で新技術に対する投資と開発強化を明言し、これら技術を活用したソリューションやサービスをパートナーとともに提供していく姿勢を打ち出した

 「顧客を取り巻くコミュニケーション環境や産業構造は劇的に変化している。(中略)顧客が直面している課題を把握し、新技術を最適な形で適用させ、ニーズに沿ったソリューションを迅速に提供していくことがAvayaの役割だ。サプライチェーン全体で『デジタルエコシステム』を構築し、(顧客企業の顧客である)顧客体験の向上を実現させていく」(Chirico氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]