WebExが米Elearning Magazine誌の「ベスト・オブ・Eラーニング・アワード」などを受賞

~CustomerSat ACE賞、Brandon Hall賞、APEX賞などでも評価されたSaaS業界のリーディング企業~

シスコシステムズ合同会社(Cisco WebEx テクノロジグループ) 2008年02月14日

SaaS(※1)モデルのWebコラボレーション(※2)ツールをビジネス向けに提供するリーディング・プロバイダであり、現在はCiscoグループの一員であるウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田野豊)は、米国においてCisco WebExのアプリケーションがこの半年間で、米国CustomerSatの「アチーブメント・イン・カスタマー・エクセレンス(ACE)・アワード」、米国Brandon Hall Researchの「アワード・フォー・エクセレンス・イン・ラーニング」、「APEXアワード・オブ・エクセレンス・イン・エデュケーション&トレーニング・ライティング」、および「ベスト・オブ・Eラーニング・アワード)」を受賞したと発表しました。

これらの受賞は、WebExが顧客満足度やコミュニケーションの向上において目覚ましい成果を上げていることや、卓越したトレーニング向けアプリケーションの提供に注力していることをよく物語っています。Cisco WebExが受賞した賞は、以下の通りです。

■2007年ベスト・オブ・Eラーニング・アワード
ベスト・オブ・Eラーニング・アワードは、『Elearning!』誌の読者が11のカテゴリーで選び出した、最も優れたEラーニングソリューションを提供する製品に送られます。WebEx Training Centerは3年連続で「ベスト・バーチャル・クラスルーム」に選ばれています。

■2007年CustomerSat ACEアワード・フォー・カスタマー・エクセレンス
リアルタイムのカスタマー・フィードバック・ソリューションのリーダーであるCustomerSatが設けているACE賞は、カスタマー・リレーションのクオリティ向上に貢献した優秀なサービスを表彰するもので、顧客からの評価で判定されます。今回は、WebExの高い顧客満足度が評価され、5つのカテゴリーで、8つの賞を受賞しました。以下は受賞内容の一部です。
・テクニカルサポート――北米でのサポートに対する総合的な満足度
・製品サービス――総合的なエクスペリエンスと満足度
・アカウント管理――総合的なエクスペリエンスと満足度

■Brandon Hallエクセレンス・イン・ラーニング・アワード
Brandon Hall賞は、学習促進のために技術を利用した優秀なサービスを対象としています。WebEx Universityは2年連続の受賞で、今回はベスト・イノベーション・イン・ラーニング・テクノロジー部門の金賞を獲得しました。

■2007年APEXアワード・フォー・パブリケーション・エクセレンス
APEX賞は、優良なグラフィックデザイン、エディトリアルコンテンツ、卓抜した総合的コミュニケーション実現能力に基礎を置いています。WebEx Universityは前年に続いての受賞で、エクセレンス・イン・エデュケーション&トレーニング・ライティング部門にて表彰されました。

Cisco WebExのカスタマー・オペレーション担当副社長、Troy Strahlは次のように語っています。
「このような社会的評価の高い各団体から、様々な分野で賞をいただいたことで、最高水準の顧客ロイヤルティや顧客満足度の保持を目指してきたWebExの取り組みが、決して間違ったものではなかったと証明されました」

さらにCisco WebExのカスタマー・サクセス担当副社長、Cheryl McDougalは次のように付け加えています。「よく忘れられがちなことですが、SaaS(Software as a Service)にある"S"はひとつだけではありません。ソフトウェア(Software)がきわめて重要なのはもちろんですが、長期にわたって成功を持続するためには、顧客へのサービス(Service)も同様に重要なのです」 

WebExがこれまでオンデマンド・コラボレーション・サービスのプロバイダとして業界をリードしてこられたのも、ひとつには、他にはないサービスやサポートの提供を続けてきたからでした。


【Ciscoについて】
Ciscoは、人と人とのつながり、コミュニケーション、コラボレーションのあり方に変革をもたらす、ネットワーキング分野の世界的リーダーです。Ciscoについて詳しくは (リンク ») をご参照ください。最新ニュースは (リンク ») をご覧ください。
Cisco WebExは、世界に250万人の登録ユーザーを誇る SaaSモデルのWebコラボレーションツールを提供するリーディング・カンパニーです。WebExは、マーケティング、セールス、トレーニング、サポートといった特定のビジネスプロセス用のWebコラボレーション・アプリケーションを提供しています。あらゆる規模の会社でも、WebExを利用することによりで高コストな対面ミーティングを、効率的なWeb会議に置き換えれば、戦略的なアドバンテージを得ることができます。WebExのアプリケーションは、ファイヤーウォールやプラットフォームに左右されずに動作するため、社内外におけるコラボレーションにも最適です。Cisco WebExは、オンデマンド・アプリケーション用に設計されたセキュアなグローバルネットワーク、WebEx MediaTone Network上でサービスを提供しています。詳細はお電話(03-6434-6063)でお問い合わせいただくか、Webサイトをご覧ください。 (リンク »)

Cisco、Ciscoのロゴ、Cisco Systems、WebEx、およびMediaToneは、Cisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。この資料はCisco Public Information(公開情報)です。

用語解説

※1 SaaS (software as a service): ネットワークを通じてアプリケーションソフトの機能をオンデマンドで提供する仕組み。必要な機能のみを、必要な時に使用できるため、導入・保守の手間や時間、コストを削減できる。従来のホスティングモデルと異なり、利用環境に合わせた柔軟なカスタマイズや他サービスとの連携が可能になった。さらに、一つのシステムを複数企業で共有できるため、より低コストでのサービス提供が実現している。
※2 Webコラボレーション: Webを活用した複数人の共同(協働)作業。遠隔地間でのデータ/アプリケーションの共有や会議、意思疎通などを、効率的に行うことができる。これまで対面コミュニケーションでしか実現できなかったリアルなコミュニケーションが低コストで手軽に実現できる。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!