シスコ、Splunkを買収へ--約280億ドルで

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-09-22 10:31

 Ciscoは米国時間9月21日、データ分析ソフトウェアを手がけるSplunkを買収することで合意したと発表した。この買収を通じて、人工知能(AI)の導入が加速する中、企業により深い可視性と脅威検出機能を提供したい考えだ。

Ciscoの社屋
提供:Bloomberg/Contributor/Getty Images

 買収金額は約280億ドル(約4兆1000億円)で、1株当たり現金157ドルを支払う。同社は声明で、世界最大規模のソフトウェア企業が誕生すると述べ、買収によって経常収益も増加すると付け加えた。

 同社の会長兼最高経営責任者(CEO)のChuck Robbins氏はブログ記事で、両社の統合により、「AIを駆使した次世代のセキュリティーとオブザーバビリティー(可観測性)」を向上させ、企業が脅威の検出と対応から、予測と防御へと移行できるように支援すると述べた。

 Robbins氏によると、組織がビジネスをデジタル化し、AIの導入が加速するにつれ、IT環境は進化し続ける。これらの新技術は、新たな機会と共に、これまでにない複雑性をもたらすと指摘した。

 「データは、ビジネスにおける最も強力な資産であり、あらゆる企業は安全かつ継続的に接続して、ビジネスを運営し、ミッションクリティカルな意思決定を行う上で活用している」と述べた。「しかし、顧客は絶えず変化する世界でレジリエンスと安全性を維持しつつ、データを管理・保護し、真の価値を引き出せる、より優れた方法が必要だ」(同氏)

 同社は、ネットワークデータ、アイデンティティ、電子メール、ウェブトラフィック、エンドポイント、プロセスなど、さまざまな形態のセキュリティーデータを一元管理できる「Cisco Security Cloud」を提供している。

 これにSplunkのセキュリティデータ分析プラットフォームが加わることで、アプリケーション、デバイス、クラウドなどを網羅できるようになるという。

 買収は規制当局の承認を経て、2024年第3四半期までに完了する見通しだ。Splunkの社長兼CEOのGary Steele氏は、Ciscoの経営陣に加わり、Robbins氏の直属となる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]