編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

青森県立中央病院、院内Wi-Fiで病室でのオンライン面会を実現

NO BUDGET

2022-04-13 09:42

 青森県立中央病院は、Cisco Systemsの医療機関向けビデオ通話システム「Cisco Webex Instant Connect for virtual care」と病院内のWi-Fi環境を活用してオンライン面会サービスを実現し、2021年11月から提供している。施工を支援したネットワンシステムズが発表した。

 このサービスは、入院患者と家族だけではビデオ通話などの面会に代わる通信環境を用意することが難しい人を対象に、病院のウェブサイトからの家族の申請をもとに、主治医の許可を得た上で通信端末を貸し出し、画面越しでの面会を実現する。サービス開始後に、Wi-Fi接続可能な通信端末を持つ入院患者は、ほかの入院患者の迷惑にならない範囲で自由にオンライン面会できるようになった。

 ネットワンシステムズは、同病院のネットワーク環境を構築・運用しており、近年は院内全体のWi-Fiサービスの導入や、Cisco Webexを活用したリモート緩和ケアカンファレンスの支援をしてきた。

システム構成
システム構成

 このサービスは、Cisco Webex Instant Connect for virtual careと無線LANコントローラーを使用した病院内Wi-Fiを組み合わせて実現している。このビデオ通話システムによりオンライン面会予約サイトとCisco Webexの環境を連携。簡単にビデオ通話できる。具体的には、オンライン面会の予約入力後、Cisco Webexから発行されるURLにアクセスしブラウザーベースでビデオ通話を始められるため、利用者は新たにアプリケーションをインストールしたり、IDやパスワードを入力したりすることなく面会できる。

 また、無線LANコントローラー内蔵のウェブ認証機能を利用して、病院でWi-Fiサービスを提供。利用する認証端末をWi-Fiに接続すると、院内にあるSSLサーバー証明書を導入したウェブサーバーにリダイレクトされ認証画面が表示される。認証画面にユーザーIDとパスワードを入力し、認証された端末のみ通信が許可される仕組みである。

 さらに、院内に多数配置したWi-Fiのアクセスポイントを集中管理することで、医療機器に影響を与えることなく、安定したWi-Fiの接続も実現できているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]