エス・エフ・アイとサイバーテック、流通業向けSCMソリューションで協業

次世代標準EDIのXMLデータをそのまま格納・再利用する事で業務のムダを削減

株式会社サイバーテック 2008年03月04日

流通業向けのPOS・SCM・基幹システムを開発・販売する株式会社エス・エフ・アイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:石川裕道)と、XMLデータベースパッケージ「NeoCoreXMS」「CyberLuxeon」を開発・販売する株式会社サイバーテック(本社:東京都千代田区代表取締役社長:橋元賢次)は、流通業向けの次世代標準EDIに対応したXMLベースのSCMソリューションに関して協業する事を発表します。

流通業向けのPOS・SCM・基幹システムを開発・販売する株式会社エス・エフ・アイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:石川裕道、以下SFI)と、XMLデータベースパッケージ「NeoCoreXMS」「CyberLuxeon」を開発・販売する株式会社サイバーテック(本社:東京都千代田区代表取締役社長:橋元賢次、以下サイバーテック)は、流通業向けの次世代標準EDIに対応したXMLベースのSCMソリューションに関して協業する事を発表します。

 流通業では、現在主流となっているJCA手順から、XMLをベースとした次世代標準EDIへの移行が進んでいます。しかし、次世代標準EDIフォーマットをそのまま業務システム側で格納・再利用する事ができないため、従来のシステムに合わせるためのマッピング作業を手作業で行う必要がありました。また、特に雑貨や化粧品などの多品種を取り扱う企業では、取引先や商品によって異なる帳票形式やデータフォーマットにシステムが対応できないケースが発生すると予想されます。
 SFIとサイバーテックは、XMLデータベースを核とした上記課題を解決するためのソリューションを共同で開発し、発注側(小売業)と受注側(卸・メーカー)及びVAN事業者が、次世代標準EDIへのスムーズな移行と業務の効率化を可能にします。
 SFIは、流通業におけるSCMのコンサルティングとシステム開発ノウハウを生かし、次世代標準EDI(JX手順)対応通信パッケージ「BizX(ビジクロス)」や、XMLベースのEDIデータに対応した受発注業務パッケージを提供します。また、サイバーテックは、XMLフォーマットのEDIデータを変換せずにそのまま格納できるXMLデータベース製品を提供します。
 今後、両社は共同マーケティング活動を通じて次世代標準EDIの普及促進を図るとともに、製品のOEM提供や販売協力も視野に入れた具体的な施策を検討・推進する予定です。尚、ソリューションの詳細については、3月4日から3月7日まで開催される流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN2008」のSFIブースで展示致します。


※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。


●関連URL
流通業向けソリューション概要
       (リンク »)


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社エス・エフ・アイ ビジネスソリューションシステム事業部 梶原智(かじわら さとし)
メール:kajiwara@sfi-inc.co.jp  TEL:03-6214-1811  FAX:03-6214-1812 

株式会社サイバーテック セールス&マーケティング部 小野 雅史(おの まさし)
メール:ono@cybertech.co.jp   TEL:03-5577-8000  FAX:03-5577-8002



株式会社エス・エフ・アイについて
 株式会社エス・エフ・アイは、長年に渡り百貨店向けトータルソリューションシステムを提供すると同時に流通業標準EDIの普及のための種々の活動を行い、標準EDI製品をベースにSCMシステムなどの提供を行っています。
URL: (リンク »)

株式会社サイバーテックについて
 サイバーテックは、「XMLEverywhere」を事業コンセプトに掲げ、XMLデータをそのまま格納できるXML-DBパッケージの「NeoCoreXMS」「CyberLuxeon」の2製品を開発・販売するXML分野のリーディングカンパニーです。2007年10月31日には、「NeoCoreXMS」の事業を取得し、XML-DBパッケージ分野のトップベンダとなりました。
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR