京セラコミュニケーションシステム、ID管理システム 「GreenOffice Directory」の最新バージョンを提供開始 ~Active Directory連携の強化で、企業内システムのトータルアクセス制御を支援~

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2008年06月10日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 小林 元夫 以下KCCS)は、ID管理システム「GreenOffice Directory」の最新バージョン(Version3.13)を6月10日より提供開始致します。

今年度より上場企業に適用の始まった金融商品取引法(日本版SOX法)により、内部統制の強化は、一層重大な企業テーマとなっています。


現在、多くの企業で、内部統制強化の第一ステップとして、企業内ネットワークならびにファイルサーバなど、各種のアクセス制御を実現するActive Directory*1の構築・利用が進む一方で、Active Directoryの維持・管理コストが、企業にとって大きな負担となっています。こうした中、Active Directoryによるアクセス制御を徹底すると同時に管理コストを削減するソリューションへのニーズはさらに高まっています。


弊社では、ID管理システム「GreenOffice Directory ※」の開発・販売・導入を通じ、さまざまなお客様の社内アプリケーションのセキュリティ強化・運用コストの削減を実現して参りました。特に最近では、多くのお客様で、Active Directoryによるインフラのアクセス制御と、シングルサインオン製品によるアプリケーションのアクセス制御を組み合わせた、企業内システムトータルのアクセス制御の徹底や、内部統制強化の取り組みを支援させていただくケースが増えてきました。

※製品情報  (リンク »)

「GreenOffice Directory」では、これまでもActive Directoryの基本的な管理機能を提供して参りましたが、今回のバージョンアップでは、お客様への導入を通じて学んだ、Active Directory運用場面での理想と現実のギャップを埋めるため、下記の機能を追加しました。

●Active Directory更新プロパティの拡張
●ID無効化・パスワード有効期限切れなどのケースに応じたActive Directory ID更新機能の拡張とOU*2の活用
●遠隔Active Directory更新機能の追加
●Microsoft Exchange Server 2007*3 への対応


【名    称】GreenOffice Directory Version3.13
【提 供 開 始】2008年6月10日
【価     格】ライセンス料 210万円(300ユーザ)~ (税込)
【販 売 目 標】3億円(年間)
KCCSは、今後パートナー企業と共催でプライベートセミナーを開催し、具体的な事例についてご紹介して参ります。

【名    称】  「これで納得!ID/アクセス管理でのお悩み、これで最後にしましょう」
●東 京 会 場  <日時>2008年7月3日(木)14:00~16:40
                <場所>京セラコミュニケーションシステム株式会社 東京支社
●大 阪 会 場       <日時>2008年7月4日(金)14:00~16:40
                <場所>EMCジャパン株式会社 大阪支店
【主 催】         京セラコミュニケーションシステム株式会社、RSAセキュリティ株式会社
※詳細は (リンク ») をご覧ください。


<「GreenOffice」シリーズについて>
業務の生産性向上を実現するために、運用現場の声から生まれ、多くのお客様での運用実績を通じて進化し続ける“使える”ソリューションパッケージ製品群が「GreenOffice」です。IT統制を支えるID管理を中核に、情報を活用する文書管理、プロセスを管理するワークフローなど、「GreenOffice」を通じて、経営を伸ばすベストプラクティスの実現に取り組んでいます。


■GreenOffice Directory Ver3.13動作環境について
【サーバ】
OS:Red Hat Enterprise Linux ES v.4、 Windows Server 2003 R2
Web Application Server:Oracle Application Server 10g Release3(10.1.3.0)、
Tomcat 5.5.23
RDBMS:Oracle Database 10g(10.2.0.1)


【クライアント】
OS:Windows® XP Professional、Windows® 2000 Professional、
Windows Vista® Business
ソフトウェア:Internet Explorer6.0以上

*1 マイクロソフト社の提供するディレクトリサービス。
*2 Organization Unitの略。
*3 マイクロソフト社の提供するメールサーバ。


* 製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?