「KINGSOFT Internet Security」 VB100(Virus Bulletin 100% award)を受賞

キングソフト株式会社 2008年09月30日

キングソフト株式会社(代表取締役:翁 永飆、沈 海寅、本社:東京都港区、以下キングソフト)が提供中の総合セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」は、2008年9月27日にウイルス検出認証の世界的権威「Virus Bulletin 100% award (VB100)」を受賞いたしました。

大手セキュリティメーカーが苦戦する中での受賞ということもあり、改めて弊社製品の高い品質が証明されたものと自負しております。今回受賞したパターンファイルはすべてのユーザーに適用されております。キングソフトは今後とも、更なる品質の向上に努めより快適で安全なパソコン環境を目指してまいります。

■VB100について
 VB100(Virus Bulletin 100% award)は、コンピューターウイルスに関して国際的な
権威であるイギリスのVirus Bulletin社より既知ウイルス検出力に優れた製品に与えら
れる賞です。 最新の「ワイルドリスト」(世界2ヶ国以上で感染報告がされているウイ
ルスリスト)に登録されているウイルスを100%検出し、かつ、誤検知が0%の製品にのみ
与えられます。 最新のウイルスに対しての検出率、誤警告の頻度、検出速度などのテス
トにおいて優れており、パソコンを安全に保つのにふさわしい製品にのみ与えられる賞
といえます。テストは毎回対象OSが異なり、今回はWindows Server 2008でした。


■KINGSOFT Internet Securityについて
 「KINGSOFT Internet Security」とは、アンチウイルス、ファイアウォール、アンチスパイ、アンチスパムの機能と、OSの脆弱性を診断するセキュリティアナリシスを備えた総合セキュリティソフトです。今回の「VB100」に加えて、世界的なセキュリティ品質テスト「Check mark」において、Level1(ウイルス検知基準)とLevel2(ウイルス除去基準)の適合認定も受けています。
◆KINGSOFT Internet Security 製品ラインナップ
【ダウンロード版】
KINGSOFT Internet Security U 無料版(広告付き)
KINGSOFT Internet Security U 有料版(広告無し)
・1年版:980円(税込)
・無期限版:1,980円(税込)

【パッケージ版】
1 KINGSOFT Internet Security U 
・3ライセンス版 2,980円(税込)
・5ライセンス版 4,880円(税込)
 ※パッケージ版では広告は表示されません。
 ※詳細に関しては (リンク ») をご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

■キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は、中国におけるコンシューマー向けソフトウェア企業である金山軟件(香港上場:0388)のジョイントベンチャーとして設立された会社です。金山軟件はセキュリティーソフトとオフィスソフトの両分野において中国でトップクラスのシェアを誇り、インターネットとソフトウェアを融合させた新しいサービスを日本市場で展開しています。 
 日本における製品展開は、セキュリティーソフトとオフィスソフトの2つのラインから成っており、セキュリティーソフトはすでに150万人以上のユーザーが利用しています。さらに2007年7月「広告付完全無料版」サービス開始後は、より多くのユーザーからの支持を受け、現在では毎月10万人以上の新規ユーザーを獲得しています。また同年2月、マイクロソフトオフィスに対して高い互換性持った「KINGSOFT Office 2007」を日本で正式リリースして以降、多くの個人ユーザーをはじめ企業・学校・政府機関等にご利用いただき確実にシェアを伸ばしています。 今後もすべての人々に高品質な製品を、低価格で提供し、インターネットとソフトウェアを融合した最新のサービスを目指して成長して参ります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!