パイプドビッツ、スパイラル(R)の「個人情報閲覧不可ID」サービスを開始

株式会社パイプドビッツ 2008年12月02日

From DreamNews

情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース(R)」を提供する株式会社パイプドビッツは、スパイラル(R)のお客様がより安心してお使いいただけるよう、外注先企業に個人情報を閲覧させることなくメール配信等の設定を委託することができるオプションサービス「個人情報閲覧不可ID」の提供を開始いたします。
情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース(R)」(以下「スパイラル」)を提供する株式会社パイプドビッツ(代表取締役社長:佐谷宣昭 本社:東京都港区元赤坂)( (リンク ») )は、スパイラル(R)のお客様がより安心してお使いいただけるよう、外注先企業に個人情報を閲覧させることなくメール配信等の設定を委託することができるオプションサービス「個人情報閲覧不可ID」の提供を開始いたします。
■「個人情報閲覧不可ID」とは「個人情報閲覧不可ID」は、お客様の「安全管理上不安なので、外注先に個人情報を閲覧せず操作してもらいたい。」との声にお応えし、開発いたしました。当IDを利用することで、外注先企業が個人情報を閲覧することなくスパイラル(R)を操作することができるため、人為的な情報漏洩事故等の抑止となり、お客様の情報セキュリティ対策として有効です。
■提供開始日2008年12月1日
■利用料金初期費用   10,000円月次利用料  10,000円
■「スパイラル・メッセージングプレース(R)」とはスパイラル(R)は、企業が会員管理やアンケートなど、Webサイト上の様々なシーンで取得する重要な情報資産を、データベース化して安全に管理するためのプラットフォームをASP/SaaS形式で提供しております。さらに、Webフォーム作成やメール配信など顧客情報資産を有効活用するソフトウェアをサービスとして提供しております。官公庁、金融、サービス、教育機関など、業種・業態を問わず1,245のお客様にご利用いただいております(2008年8月末現在)。

当社は、今後もデータベースの銀行として、皆様の安全な情報資産管理を支援してまいります。
【企業情報】
株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
(リンク ») 設立   2000年4月3日
資本金  1億8千万円
本社   東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者  代表取締役兼CEO 佐谷 宣昭(さたに のぶあき)
事業内容 アプリケーション・サービス事業
業績   8億5千万円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パイプドビッツの関連情報

株式会社パイプドビッツ

株式会社パイプドビッツの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?