新パートナープログラム「TurboPartners」新たにセキュリティソフトのワンビが参加

TLホールディングス株式会社 2009年08月12日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一)は、パートナーの個々のビジネスに最適な支援プログラムを提供する新パートナープログラム「TurboPartners」に、紛失・盗難にあったパソコンのデータを遠隔消去し個人情報等の機密データ流出を防ぐソフトウェア「トラストデリート」をはじめ、革新的なセキュリティ製品を開発・提供するワンビ株式会社が新たに参加したことを発表いたします。

ワンビ株式会社では、高度なセキュリティソフトウェアをASP形式で手軽にスモールスタートから導入できる「トラストデリート ASP」を2007年5月より提供しており、情報漏洩対策のためのセキュリティ製品というシステムの堅牢性が求められるサービス基盤において当社のサーバーOSを導入しました。同社では今回TurboPartnersに参加し、コストメリット高い安定したサービス基盤でお客様のニーズを満たした高付加価値なサービスを継続的に提供していくと同時にクラスタ・ソフトウェア「Turbolinux CLUSTERPRO X2.0」を新たに導入することにより更に信頼性の高いサービスをユーザーに提供いたします。

ワンビ株式会社
(リンク »)

今後はパートナープログラムによる包括的なマーケティング支援やオンタイムの情報提供による製品のスムーズな市場展開支援など販売支援と合わせて技術支援も提供することで引き続き相互のビジネス発展を積極的に推進してまいります。

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]