OKIと米国アジリアント社、クラウドによる「ITインフラ・プリント最適化サービス」で業務提携

沖電気工業株式会社 2012年06月19日

From JCN Newswire

Tokyo, June 19, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび米国のマネージド・ネットワーク・サービス(MNS)プロバイダーであるアジリアント社(CEO:ギャリー・スティーブンス、本社:米国ワシントン州)と、マネージド・プリント・サービス(MPS)の分野で業務提携しました。アジリアント社のクラウド型ITインフラ・出力管理サービス「MITOS」(Managed Information Technology and Output Services)にOKIデータのMPSを組み込み、新たなサービスとしてアメリカで提供いたします。

米国では、複雑なITインフラを構築し、運用から監視、保守までを代行するマネージド・ネットワーク・サービス(MNS)が普及しています。初期投資コストが抑えられ、短期間で高品質なネットワークサービスが構築できるうえに、コスト削減やネットワーク運用の効率化が図れることから、MNSを利用する企業が増加しています。一方、ネットワークを通してお客様の印刷環境の最適化を図るマネージド・プリント・サービス(MPS)の市場も拡大しており、MNSとMPSの統合によるワンストップソリューションニーズへの対応と、サービス事業者のビジネス機会拡大が課題になっていました。

このような利用の拡大を背景に、アジリアント社のクラウドをベースとするMNS「MITOS」と、OKIデータのMPSソリューションを組み合わせることで、クラウド環境でITインフラ・出力管理サービスとMPSソリューションをワンストップで、「ITインフラ・プリント最適化サービス」として提供します。企業が自社の印刷環境をIT環境の最適化と合わせて検討する段階から、実際に導入し利活用する段階までワンストップで支援し、ITインフラと印刷環境の最適化、コストダウンなどのニーズに応えます。

米国におけるビジネス用プリンタ・複合機の販売チャネル網は主に、IT機器を専門に扱うIT系ディーラと、複写機を得意とするOA系のディーラがあります。このたびの提携でアジリアント社の全米に広がるOA系ディーラ(AAN:Agiliant Affiliate Network)へのアクセスが強化されたことにより、OKIデータ既存のIT系ディーラ経由のMPS強化に加え、OA系ディーラ経由でのMPSソリューションの普及拡大を目指します。今後も、米国において、MPSに強いチャネルやシステムインテグレーターの開拓、チャネル向けWEBサポートの強化など、MPSに注力してまいります。

【アジリアント社(Agiliant Inc.)の概要】
会社名:アジリアント社(Agiliant Inc.)
URL: (リンク »)
代表者:ギャリー・スティーブンス(Gary Stevens)
所在地:620 Kirkland Way Suite 100 Kirkland, Washington 98033
設立:2010年
事業内容:ITソリューションやネットワークのマネージド・サービスの提供

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 (リンク »)

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 北村
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。