シーメンスPLMソフトウェア、原子力発電所における 放射線被ばく量削減のための3D作業プランニング・ツールの開発を支援

シーメンスPLMソフトウェア 2012年10月19日

コンピュータ・シミュレーション/ゲーミング・ソフトウェアの用途は、
今や工業生産から発電へと広がっています。原子力発電の分野では、
保守作業の仕方によって放射線被ばく量がどのように変わるかを、
発電所の作業員がアバターを使って評価できるツールの共同開発
プロジェクトがElectric Power Research Institute(EPRI)、Fiatech、
シーメンスPLMソフトウェア、CSAによって進められています。このツール
は作業プランナーが発電所での保守作業をより効率的に設計・計画
できるよう支援して、作業員の被ばく線量を低減させようというものです。

このプロジェクトの概要、投入する技術、期待できる効果などを説明
した技術概要書(*1)がこのプロジェクト・チームによって作成されています。
シーメンスPLMソフトウェアでは、原子力発電所向けに基盤技術を
どのように応用して製品化しようとしているかの取り組みをビデオ(*2)で
紹介しています。
シーメンスPLMソフトウェアの製品ライフサイクル管理ソリューションの
詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
(リンク »)

原子力発電所の作業員に向けた実用的なプランニング・ツールに
高度な線量アルゴリズムを統合しようという取り組みはもう1社の
ソフトウェア・ベンダーのCSAが進めています。この詳細については、
下記Webサイトをご覧ください。
(リンク »)

*1: 技術概要書は下記のWebサイトにてご覧いただくことができます。
(リンク »)

*2: 関連動画は下記でご覧いただくことができます。
(リンク »)


シーメンスPLMソフトウェアについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]