編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

シーメンス、MultiMechanics社を買収して同社の材料モデリング・テクノロジーをSimcenterに追加

シーメンスPLMソフトウェア

2020-03-04 13:15

• 材料モデリング・テクノロジーによって、より包括的なデジタル・ツイン作成機能の拡張を実現する買収
• MultiMechanics社のTRUE Multiscaleシミュレーション・テクノロジーをSimcenter 3Dソフトウェアに統合し、イノベーションの創出と先端素材の採用を加速化 

シーメンスは本日、先端素材の不良をより素早く、高精度でバーチャルに予測できるMultiMech有限要素ソフトウェアのデベロッパーであるMultiMechanics, Inc.(以下MultiMechanics社)の買収契約を締結したと発表しました。シーメンスは、MultiMechanics社をシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの傘下に入れ、同社が持つ広範囲な材料主導の分野において、この独自のTRUE Multiscale™テクノロジーを活用し、材料エンジニアリングと部品設計 / 性能エンジニアリング / 製造とを密接に統合し、素材のデジタル・ツインを作成できる機能を追加していく計画です。MultiMechanics社のテクノロジーでは、ミクロ構造レベルでの素材不良や特性、そして挙動をこれまでにないスピードと精度で効率的に予測できます。この独自のテクノロジーをシーメンスのXceleratorポートフォリオ内のSimcenter™ソフトウェアに組み込むことで、材料エンジニアリングをデジタル・ワークフローに取り込み、素材の開発者、製造プロセスの開発者、部品の設計者との間に幅広いつながりを構築できるようにします。

材料エンジニアリングのシミュレーション&テスト・ソリューション担当シニア・バイスプレジデントのJan Leuridanは、「このテクノロジーが加わることによって、お客様は素材のデジタル・ツインを作成できるようになり、新製品や新素材のイノベーション・サイクルを短縮し、航空宇宙業界や自動車業界などでは、開発や認証に要するコストと期間を大幅に節約することが可能となります。お客様は先端素材の可能性を引き出し、これまでのテストに基づいたアプローチでは不可能な効率的な方法で、重量や性能を最適化できます」と述べています。

MultiMechanics社のプレジデント兼最高技術責任者(CTO)のFlavio Souza氏は、「弊社は、シーメンスの一員となること、そして弊社の独自テクノロジーにより Simcenterをさらに強化できることを非常に楽しみにしています。弊社のTRUE Multiscaleテクノロジーとシーメンスの3Dソフトウェアが融合することにより、イノベーションを加速させるための強力な基盤ができ、部品の歪みの最小化、材料フロー時の空隙防止、粘弾性音響特性の予測などの用途に対応するマルチフィジックス解析も含め、構造シミュレーションの範囲をさらに拡大することができます」と述べています。 

今日、第4次産業革命であるデジタライゼーションが進み、プロセス業界やディスクリート業界では「創造的破壊」が始まり、業界間の垣根が薄れ、バーチャルとリアル、ハードウェアとソフトウェア、設計と製造の融合が起こっています。このダイナミックな環境では、急速に変化する消費者のニーズに対するインサイトやデータを使用し対応する能力が必要不可欠であり、そのためには、完全なエンド・ツー・エンドのワークフローを通じて「何が可能で、何が不可能か」を提示して検証できるデジタル・ツインを活用するしかありません。シーメンスがMultiMechanics社を買収することで、構造CAEとTRUE Multiscaleテクノロジーによる詳細な材料モデリングが統合され、高分子、金属、複合材料、セラミックスなどの多種多様な素材に対して最も包括的なデジタル・ツインを作成できる機能がさらに拡張されます。素材のデジタル・ツインは、製造のばらつきや欠陥の説明、ミクロ構造レベルでの材料欠陥の根本原因の特定、最高の性能を保証する材料のミクロ構造の最適化、先端素材の作成やバーチャル・テストの実施などを可能にするため、射出成形やアディティブ・マニュファクチャリングなどの製造テクノロジーにもすぐに適用できます。
MultiMechanics社の主要顧客であり株主でもあるSolvay社の最高技術責任者(CTO)のNicolas Cudré Maroux氏は、「MultiMechanics社はシーメンスの一員として、同社のテクノロジーが、航空宇宙業界や自動車業界における複合材料のさらなる浸透をはじめ、複合材料のイノベーションとその導入を加速させることができると確信しています」と述べています。

またSolvay社の複合材料の研究&イノベーション担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのMike Blair氏は、「MultiMechanics社が実現する精度とスピードに加え、広く利用されている市販の有限要素ソフトウェア・パッケージとの効率的な統合により、新素材の開発方法やお客様との相互関係の構築方法が変わっていくでしょう」と述べています。

この買収手続きは2019年11月に完了する予定です。買収条件は開示されていません。

Simcenterの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアについて
シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、デジタル・トランスフォーメーションを推進して、エンジニアリング、製造、電子設計が融合する未来志向のデジタル・エンタープライズの構築を可能にします。Xcelerator製品ポートフォリオは、あらゆる規模の企業がデジタル・ツインを作成・活用して、新しい洞察や機会の獲得、自動化の実現をできるようにします。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品およびサービスの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア – Where today meets tomorrow.

シーメンス デジタルインダストリーズについて
シーメンス デジタルインダストリーズ(DI)はオートメーションとデジタル化における革新的なリーダーです。パートナーや顧客と緊密に協力して、DIはプロセス産業とディスクリート(部品組立)産業のデジタル変革を牽引します。デジタルエンタープライズポートフォリオでDI、はあらゆる規模の企業が、全バリューチェーンにわたる統合とデジタル化を実現するための、包括的な製品、ソリューション、サービスを提供します。各産業固有のニーズに合わせて最適化した、DIのユニークなポートフォリオは、お客様の生産性と柔軟性の向上をサポートします。DIは常にポートフォリオに革新性を追加し続け、将来的な先端技術の統合に努めています。シーメンス デジタルインダストリーズのグローバル本社の所在地はドイツ ニュルンベルグで、世界におよそ75,000名の従業員を擁します。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界中で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスの上場子会社であるSiemens Healthineers AGは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーであり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2019年9月30日を期末とする2019年度における売上は868億ユーロ、営業利益は56億ユーロでした。2019年9月末現在の全世界の社員数は385,000人です。シーメンスに関する詳細は (リンク ») にてご覧いただけます。

注意:シーメンス関連の商標リストについては (リンク ») をご覧ください。その他の商標はそれぞれ各所有者に帰属します。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]