編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

キヤノンの製品開発を支えるPLMシステム:IT活用と業務革新の秘密

冨田秀継(編集部)

2010-05-31 15:24

 工業、電力、医療分野で世界的に知られるドイツのSiemens。同社ではシーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットとして、Siemens PLM Softwareを配置している。日本ではシーメンスPLMソフトウェアとして活動しており、その名の通り「製品ライフサイクル管理」(Product Lifecycle Management)にかかわるソリューションを提供している。

 シーメンスPLMソフトウェアが5月20日に中国・上海で開催したプレスカンファレンスでは、基調講演にキヤノン イメージコミュニケーション事業本部 レンズ事業部 上席担当部長の浜谷雅秀氏が登壇した。浜谷氏は1971年にキヤノンに入社、1998年からイメージコミュニケーション事業本部の事業、開発、生産にわたる事業ITの革新を推進、統括している。2007年にIT部門へ異動し現職。現在は全社のCADおよびPDMを中心とする技術系システムを統括している。2010年にはキヤノンITソリューションズの執行役員も兼務。今回はキヤノンの業務革新とIT活用を主要テーマに講演した。

他社も実現できないPLMシステムの統一

キヤノン イメージコミュニケーション事業本部 レンズ事業部 上席担当部長の浜谷雅秀氏 キヤノン イメージコミュニケーション事業本部 レンズ事業部 上席担当部長の浜谷雅秀氏

 キヤノンの事業は「オフィス」「コンシューマー」「産業機器」と、大きく3つの分野に分けることができる。

 売上全体の51%を占めるオフィス分野では、コピーやレーザープリンタ、ネットワーク複合機、トナーカートリッジなどを取り扱っている。浜谷氏によれば、「ネットワーク複合機の部品点数は約3万点」だという。

 コンシューマー分野は、カメラやレンズ、ビデオカメラやインクジェットプリンタなどを擁し、売上全体の41%を占める事業となっている。デジタル一眼レフカメラは約1000点ほどの部品で構成されており、開発期間はおよそ半年。デジタルカメラは500点ほどの部品で構成されているという。

 半導体露光装置やハンディターミナル(携帯情報端末)などは産業機器分野の製品だ。半導体露光装置は5〜10万の部品点数で構成されるという。

 これらを踏まえたうえで、浜谷氏は「ライフサイクルや部品点数など、業務を理解した上でシステムをどう使うかが重要だ」と述べる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]