編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

キヤノンの製品開発を支えるPLMシステム:IT活用と業務革新の秘密 - (page 2)

冨田秀継(編集部)

2010-05-31 15:24

 キヤノンは2000年に2Dから3DCADにITシステムを移行。2007年には製品開発、設計にかかわるITシステムの統合を決定し、同年11月にシーメンスPLMソフトウェアのデジタル製品開発ソフト「NX」と、コラボレーション基盤「Teamcenter」の採用を決定した。イメージコミュニケーション事業本部では既に同社製品を利用していたが、次世代基幹PLMシステムとして、全事業でシーメンスPLMソフトウェアの製品を利用することになる。

 浜谷氏は「ヒト、モノ、カネというリソースを有効活用するため、そしてガバナンスの確立を目指して統合する」と述べ、「(PLMシステムの)一本化は他社も実現できていない」と優位性を強調する。

 「事業毎にCADと管理システムがバラバラだったが、これをトップの決断で一本化した。2007年から準備に入り、今年から各事業で利用を始めた」

浜谷雅秀氏 浜谷雅秀氏

ともにチャレンジするベンダーを選ぶ

 一本化にあたり、さまざまな製品を比較、検討したと言うが、キヤノンはシーメンスPLMソフトウェアの製品を採用した。その決め手として、浜谷氏は次のように述べている。

 「仕様もさることながら、一緒にやってくれる非常に良きパートナーであると感じたこと。(製品を)使いにくいと思うこともあったが、これを良くしていこうとしてくれた」

 「ベンダーの選択にあたり、キヤノンは将来にわたって一緒にチャレンジできる点を重視する。シーメンスのNXを利用することで、将来にわたってよりチャレンジングな設計ができると確信している」

IT活用の推進は業務革新と並行して行う

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]