編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

PLMの特徴:時間の短縮とマーケティング機能--シーメンスPLM 新社長が語る

冨田秀継(編集部)

2010-04-20 17:59

 「プロダクトライフサイクル管理(PLM)は、開発からマーケティング、製品寿命の延長までをカバーし、製品収益率を最大化する」――シーメンスPLMソフトウェアの呼称で知られるシーメンス プロダクトライフサイクルマネジメント ソフトウェアJPの代表取締役社長に就任した島田太郎氏が4月20日、報道陣を前に事業戦略を説明した。

島田太郎氏 島田太郎氏

 島田氏は新明和工業で10年間に渡り航空機の設計に従事。構造設計や空力設計、飛行試験、設計総括を担当し、防衛庁(当時、現在の防衛省)機に加え、米航空機製造大手のMcDonnell DouglasやBoeingとの国際共同設計に参加するなど、航空機設計者として広く業務に携わってきた。

 1999年にStructural Dynamics Research(SDRC)に入社。SDRCはその後、シーメンスPLMソフトウェアに買収されているが、同社でプロダクトマーケティング部、ビジネスコンサルティング部を経て、エンタープライズセールス本部 統括本部長として営業活動にあたった。

 シーメンスPLMソフトウェア入社後はマツダや日産自動車、キヤノンを担当。以後、プロダクトマーケティング、コンサルティング部長、営業を経て、代表取締役社長に就任した。内部昇格による社長就任で、島田氏は「これまでのシーメンスにあっては特殊な存在では」と述べている。なお、島田氏は米Siemens PLM Softwareのバイスプレジデントも兼任している。

上海万博で新製品を発表予定

 島田氏は日本の製造業の現況を、「民主党政権が内需拡大を掲げているが、現状は外需頼みだ。日本企業が生き残るにはグローバルに(事業を)展開しなければ勝ち目がない」とまとめる。その上で、「プロダクトライフサイクル管理をグロバールに展開できる唯一の企業がシーメンスPLMソフトウェアだ」と強調する。

 「(PLMシステムの)Teamcenter 2007.1では、1拠点にデータベースを配置すると、そこへリモートで接続してCADデータを設計に活用できる。セキュリティ上の懸念から中国にデータベースを起きたくないといった要望があるが、日本にCADデータを起きつつ、遠隔からデータを活用できるのが特徴だ」と島田氏。「本当にグローバルに展開するためのスケーラビリティに耐えられる製品はシーメンスだけ」と述べている。

 PLM製品の特徴は「時間の短縮にある」という。製品の設計から開発、立ち上がりまでの期間が短ければ短いほど、コストをおさえて製品を市場に投入することが可能になる。加えて、現在のPLM製品にはマーケティング機能も欠かせないという。「売れる製品を詰めていくことで、製品収益率を最大化でき」、かつ「さまざまな製品バリエーションを持つことにより、製品の寿命を長くすることができる」(島田氏)からだ。

橙色の線がPLMプラットフォームを活用したアプローチ。従来の青線と比べて、立ち上がりが早く、かつ製品寿命も長いことがわかる(クリックで拡大画像を表示) 橙色の線がPLMプラットフォームを活用したアプローチ。従来の青線と比べて、立ち上がりが早く、かつ製品寿命も長いことがわかる(クリックで拡大画像を表示)

 シーメンスPLMソフトウェアは「お客様を絶対に成功させる」ことを掲げ、今後も「お客様中心という方針は絶対に変えない」としている。島田体制では、これまでの強みだった大企業向けの販売に加え、中堅中小企業を「メインストリームビジネス」と定義して拡販に注力する。

 同社はこの5月、上海万博でデジタル製品開発ソリューション「NX」に関する新発表を控えている。島田氏は「今までのプロダクトライフサイクル管理とはレベルの違う、新しいステージを見せるような製品だ」と自信をみせている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]