Oracleデータベース監査ソフト『SSDB監査 Logger for Oracle』新バージョンリリース

無償版データベース上での動作対応で導入コストを削減

株式会社システムエグゼ 2013年06月17日

株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤勝康)は、Oracleデータベース監査ソフトウェアの新バージョン「SSDB監査 Logger for Oracle Ver.2.0」を、2013年6月17日より提供開始します。

日本版SOX法の適用開始から5年が経過し、企業において重要情報が格納されているデータベースの監査は、必須の取り組みとして認識されています。また、近年では海外からのサイバー攻撃も脅威となっており、自社を守るための対策としてもデータベース監査の取り組みが改めて見直されています。
一方、データベースの監査を行うには高度なデータベース技術知識と、監査知識が要求されることから、十分な対応が行えていないことが課題となっております。

「SSDB監査 Logger for Oracle」は、特権ユーザを含むOracleデータベースに対するアクセス・操作を漏れなく記録し、監査ポリシー設定やログ収集を、分かり易いGUI画面よりどなたでも簡単に行えることで、金融機関をはじめ多くの企業で導入が拡大しています。

■SSDB監査 Logger for Oracle Ver.2.0の主な改善点

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社システムエグゼの関連情報

株式会社システムエグゼ

株式会社システムエグゼの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]